スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

新型コロナウイルス感染症患者の入院医療費の公費負担について

ページ番号298136

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年6月16日

新型コロナウイルス感染症患者の入院医療費の公費負担について

 新型コロナウイルス感染症治療による入院費,治療費,病院から提供される食事代等についての自己負担分は,申請により公費負担を受けることができ,原則として無料となります。

 ただし、患者及び生計を同一にする世帯員全ての市町村民税の所得割額の合算額が56万4千円を超える方は,月額2万円(入院期間に応じて日割り)を上限として一部自己負担が生じます。

※上記とは別に,寝巻,オムツ,テレビ利用料,差額ベッド代,アメニティ代等,入院中に発生した個人の選択による出費は,別途自己負担となります。詳しくは,入院先の医療機関へお問い合わせください。

※労働者の方が業務に起因して感染したと認められる場合は,労災保険給付の対象となる可能性があります。手続き等については,事業所を管轄する労働基準監督署にご相談ください。

手続きの方法

※ 現在,新型コロナウイルス感染症の感染状況に鑑み,保健所の代行申請により手続きを進めています。入院された方ご本人による手続きは必要ありません。

お問い合わせ先

京都市保健福祉局医療衛生推進室医療衛生企画課

TEL 075-746-2781

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室医療衛生企画課

電話:(庶務担当)075-222-4245,(市営墓地・墓園関係)075-222-3433,(生活衛生・「民泊」対策関係)075-222-4272,(食品衛生・食鳥関係)075-222-3429,(薬務関係)075-222-3430,(動物愛護関係)075-222-4271,(病院・診療所,施術所等関係)075-213-2983,(医療安全相談窓口)075-223-3101,(感染症企画)075-222-4421,(感染症対策)075-746-7200,(新型コロナワクチン接種事業担当)075-222-3423

ファックス:075-222-4062,075-213-2997,075-251-7233,075-708-6212

フッターナビゲーション