スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】(お知らせ)新型コロナウイルス感染症対策に係る更なる保健所の職員体制の強化について

ページ番号288689

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年8月25日

 新型コロナウイルス感染症への対応につきましては,この間,保健所(医療衛生企画課)職員の増員をはじめ,応援職員の拡充や「京都市版IHEAT(アイヒート)」による保健所業務応援チームの結成,民間人材派遣の活用など,感染状況に応じて順次,体制強化を図ってきたところです。

 しかしながら,現在,1日の感染者数が300~400人発生する爆発的な感染拡大の局面を迎えていることから,市民の皆様のいのちと健康を守るため,発生届が提出されれば速やかに積極的疫学調査を実施するとともに,自宅療養を余儀なくされている方の健康観察も漏れなく行い,また,解除連絡を速やかに行うことを徹底するため,下記のとおり,全庁的な応援体制のもと,更なる職員体制の強化を図りますのでお知らせします。

1 全庁をあげた大規模応援の実施

新型コロナウイルス感染症対策に係る積極的疫学調査や健康観察等に従事する応援職員を154名増員し,324名体制とします。

⑴ 保健師の増員 9名

⑵ 保健師業務を補完する事務職等の増員 145名

 ※ 上記のうち,係長級職員14名(保健師9名,事務職5名)については,大幅に増員する応援職員の統括を行います。

2 取組開始日

 令和3年8月27日から84名増員,8月31日から全面実施

<参考>保健所の新型コロナ対応に係る職員体制の状況
 5月6日時点8月25日時点体制強化後
総合計135名170名324名(+154名)
 ・うち,保健師,看護師,薬剤師等の医療専門職の体制
医療衛生企画課32名32名32名
応援職員40名58名67名(+9名)
人材派遣24名24名24名
IHEAT5名5名
合計96名119名128名
 ・うち,保健師業務を補完する事務職等の体制
医療衛生企画課10名11名11名
応援職員20名22名167名(+145名)
人材派遣9名18名18名
合計39名51名196名

(お知らせ)新型コロナウイルス感染症対策に係る更なる保健所の職員体制の強化について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局保健福祉部保健福祉総務課

電話:075-222-3366

ファックス:075-222-3386

フッターナビゲーション