スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】キリンビバレッジ株式会社と連携した「熱中症警戒アラート」の啓発について

ページ番号286361

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年7月2日

キリンビバレッジ株式会社と連携した「熱中症警戒アラート」の啓発について

ソルティライチでおいしく熱中症対策!

 熱中症対策を進めることは,熱中症による生命の危機から本人を守るだけでなく,救急搬送件数を減少させることで医療提供体制の安定にもつながります。

 この度,京都市では,今年度から環境省・気象庁によって全国で運用が開始されている「熱中症警戒アラート」の啓発について,キリンビバレッジ株式会社近畿圏地区本部京滋支社と連携して取り組むこととしました。

 京都市とキリンビバレッジ株式会社は,上記の広報媒体を共同で制作し,小売店の店頭や自動販売機で掲示します。

 市民の皆様がアラートを確認し,熱中症予防行動の目安とすることが当たり前の社会となるよう,熱中症予防に係る正しい知識や「熱中症警戒アラート」の普及に向け,引き続き,取組を実施してまいりますので,お知らせします。

1 掲示対象

  • 市内小売店(スーパーマーケット,ドラッグストア)約1,030店
  • 市内自動販売機 約1,000台

 ※ 掲示対象については,調整中のものも含みます。

2 掲示期間

 令和3年7月5日( 月 )から9月下旬まで

参考:熱中症警戒アラート

⑴ 概要

 「暑さ指数」が33以上になると予測される場合,暑さへの「気づき」を呼びかけ,予防行動がとれるよう,都道府県単位で発表されるものです。

 ※ 「暑さ指数」(WBGT)とは,気温だけでなく,湿度や日差し等の要素を加えた熱中症の危険性を示す指標で,31を超えると危険,28~31は厳重警戒が必要とされています。

⑵ 発表基準

府下の予報区内のいずれかの地点で暑さ指数(WBGT)が33以上になると予想される場合に,前日の午後5時と,当日の午前5時に都道府県単位で発表されます。

⑶ 情報の取得方法

※ 「京都市情報館」においても「熱中症警戒アラート」を参照できるよう,熱中症対策ページのコンテンツを充実させます。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

保健福祉局 健康長寿のまち・京都推進室 健康長寿企画課
電話:075-222-3419
ファックス:075-222-3416

フッターナビゲーション