スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】(お知らせ)【新型コロナワクチン接種事業】64歳以下の方の接種も見据えた京都府医師会との連携による取組と医療機関名の公表の見直しについて

ページ番号284992

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年5月31日

広報発表

令和3年5月31日

保健福祉局医療衛生推進室医療衛生企画課新型コロナワクチン接種事業担当(222-3423)

【新型コロナワクチン接種事業】64歳以下の方の接種も見据えた京都府医師会との連携による取組と医療機関名の公表の見直しについて

 京都市の新型コロナワクチン接種事業について,本日からの接種希望者の登録制の導入や,64歳以下の方の接種も見据えて,京都府医師会と京都市が協働し,地域の身近な診療所・病院等におけるワクチン接種の予約システムの導入を検討している状況を踏まえ,市民の皆様の接種予約への混乱を回避するため,予定していた6月1日からの医療機関名の公表について見直しますので,下記のとおりお知らせします。

 

                                       記

 

1 65歳以上の高齢者の方の接種の取組

(1) 現在取り組んでいる65歳以上の高齢者のワクチン接種の実施に当たり,本市では,地域の医療体制が充実している強みを活かし,身近な診療所・病院(以下「診療所等」という。)での接種を進めるとともに,7月末までに確実に接種できるよう,集団接種会場の拡充にも取り組んでいるところです。

(2) しかし,5月20日に実施した先着順による集団接種の申込に対する市民の皆様の期待は大きく,ポータルサイトでの予約は開始25分で終了,また,コールセンターへの電話も中々繋がらないといった状況が生じ,市民の皆様に不安と不満を与える結果となりました。

(3) 市民の皆様の不安と混乱を避けるため,5月26日に,これまでの「先着順」での予約方法から,本市が一旦全ての接種希望者を登録受付し,接種日時や接種場所を案内することで,必ず予約できる安心感を持っていただける予約方法に改め,本日,まずは5月31日(月曜日)から6月6日(日曜日)までの1週間を第1期登録期間としています。(以降も継続して登録を受付)

 これら取組により,接種を希望される全ての高齢者の皆様について,7月末までに確実に接種してまいります。

 

2 今後の64歳以下の方の円滑な接種に向けた取組

(1) 64歳以下の方の接種は,高齢者より更に多くの人(対象者:約83万人)に対し,接種を進めていく必要があります。

 基礎疾患をお持ちの方は,定期的に受診しておられる診療等における接種が基本となりますが,それ以外の64歳から16歳までの方は,定期的に受診しておられる診療所等をお持ちの方は少なく,これらの方への接種体制の確保が極めて重要となります。

(2) 本市においては,集団接種会場の拡充など,様々な手法を用いて接種体制を確保してまいりますが,定期的に受診しておられる身近な診療所等がない方も身近な診療所等で接種していくことが重要です。

 この体制確保のため,京都府医師会と本市が協働し,診療所等における予約システムの導入の準備を進めているところです。

(3) このシステムを導入することで,診療所等は,市民の皆様の問合せの電話等への対応をしなくても予約を受け付けることが可能となり,また,本市に登録された接種希望者を,集団接種会場だけでなく,このシステムを導入している診療所等にも接種をスムーズに御案内することが可能となります。

 

3 接種に協力いただいている診療所等の公表の見直し

(1) 定期的に受診していただいている診療所等がない方の接種機会を確保するため,当初,同意が得られた診療所等名を公表させていただきましたが,市民の皆様からの問合せの集中等により,通常の診療が行えないといった状況となり,非公表に切り替えられる診療所等が増える結果となりました。

(2) そこで,5月19日には,土日等に集団接種を実施いただける診療所等について,本市のコールセンターやポータルサイトで予約を受け付ける支援を行うことと併せ,6月1日に診療所等名を公表させていだたくことで,診療所等における接種の促進を図ることとしたところです。

(3) このような経過の中,京都府医師会における,診療所名等の公表に向けた,同意を得るための調査の中で,「定期的に受診いただいている患者様など,既に予約を受け付けている方への接種を行った後,新たな希望者を受け入れたいので,現時点での公表は差し控えたい。」とされる診療所等がありました。

(4) つきましては,6月1日に予定していた診療所等名の公表は,次の2つの理由から,これを行わないこととします。

〇 接種への協力意向を示される診療所等は983まで拡大し,808の診療所等で実際に接種が行われている。
 しかし,小規模な診療所等においては,既に7月中の予約を取られており,また,8月からは定期的に受診されている基礎疾患をお持ちの方の接種を進めなければならないなど,新たな接種希望者から問合せをいただいても現時点では受け入れることが難しく,市民の皆様の「混乱」や通常の診療体制への影響が懸念されるため

〇 市民の皆様に対し,「本市への受付登録」と「診療等への問合せ」の2つの予約方法をお示しすることになり,「二重予約」の問題や先着順との誤解により「混乱」が生じることを避けるため

(5) 今後,予約がスムーズに行われるよう上記2(2)の新たな予約システムの導入の準備を進めています。
 このことにより,市民の皆様は,定期的に受診している診療所等や,診療所等の公表一覧がなくても接種の予約へのアクセスが可能となり,また,システムの活用が困難な方は,本市で登録を受け付け,接種可能な日時,場所を御案内できることとなります。

 

4 64歳以下の方への接種券の送付

 基礎疾患を有する方を含む64歳以下の方(約82万人)に対し,6月28日(月曜日)から,年齢の高い方から,順次,一定期間を設けて接種券を送付します。(問合せの状況等を見極めつつ,調整を行います。)

 基礎疾患を有する方の接種については,定期的に受診されている診療所等での接種が基本となることから,京都府医師会と連携し,できるだけ早期に接種できるよう取組を進めてまいります。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

保健福祉局 医療衛生推進室 医療衛生企画課
新型コロナワクチン接種事業担当
TEL 075-222-3423/FAX 075-708-6212

フッターナビゲーション