スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】【一部変更】令和2年度「アルコールと健康を考えるセミナー」の開催について

ページ番号277524

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年12月1日

広報資料(令和2年11月13日→12月1日一部変更)

保健福祉局こころの健康増進センター 相談援助課 TEL.314-0355

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,現在,定員を80名に削減して申込みを受けつけています。御理解を賜りますよう,よろしくお願いいたします。

令和2年度「アルコールと健康を考えるセミナー」の開催について

 京都市では,持続可能な社会を目指すSDGsの基本理念である,「誰一人取り残さない社会の実現」に向け,アルコールに関する正しい知識の普及に取り組んでおります。

 この度,より多くの方に,アルコールと健康について考えていただき,自分自身や,大切な方の健康を守っていただけるよう,講話や,アルコールの問題から回復した過程等を交えた体験発表・寸劇,ミニシンポジウムを行うセミナーを開催しますので,お知らせします。

1.日時

令和3年1月17日 日曜日 午後1時~午後4時(開場 午後0時30分)

2.場所

同志社大学室町キャンパス寒梅館内ハーディーホール(京都市上京区上立売下ル御所八幡町103)

3.テーマ

「依存症 知れば知るほど じぶんごと」

4.内容

⑴ 講演「依存症に対するソーシャルワーカーの役割

  -一般医療機関の医療ソーシャルワーカーへの意識調査結果から考える-」

  (同志社大学社会学部社会福祉学科 准教授 野村 裕美氏)

⑵ 休憩:映像上映

⑶ アルコール依存症関係機関の紹介

⑷ 体験発表

⑸ 寸劇・ミニシンポジウム

5.対象

 京都市内・府内に在住・在勤・在学の方

6.定員等

定員   240名 → 80名に削減

参加費  無料

申込  「京都いつでもコール」にて事前申込み(先着順)

受付期間:令和2年12月1日~令和3年1月6日

TEL:075-661-3755/FAX:075-661-5855

※ おかけ間違いに御注意ください。

※ お申込みの際は,参加者全員の氏名(ふりがな),電話番号,イベント名をお伝えください。

その他  ・ 公共交通機関(電車,バス等)を御利用ください。

      ・ 手話通訳が必要な方は,申込みの際にお知らせください。

7.主催

京都市・京都府・NPO法人京都府断酒連合会

8.共催

同志社大学社会学部社会福祉学科

9.問合せ先

こころの健康増進センター 相談援助課

TEL:075-314-0355/FAX:075-314-0504

※ 新型コロナウイルス感染予防のため,以下の点を御注意ください。

  ・ 参加者の把握のため,申込時に氏名・連絡先等をお知らせください。

    なお,個人情報は,本講演会に関する御連絡のみに使用します。

  ・ 当日はマスク着用(各自で御持参)・手指の消毒・物理的距離の確保に御協力ください。

  ・ 発熱・咳等の症状がみられる場合には参加を御遠慮いただきますようお願いします。

* 上記に御協力いただけない場合,当日受付で参加をお断りすることがあります。

   あらかじめ,御了承ください。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室こころの健康増進センター

電話:075-314-0355

ファックス:075-314-0504

フッターナビゲーション