スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

令和3年度における老人福祉施設整備等に係る補助制度(厚生労働省令和3年度予算概算要求分)

ページ番号276777

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年10月22日

令和3年度における老人福祉施設整備等に係る補助制度(厚生労働省令和3年度予算概算要求分)

 厚生労働省の令和3年度予算概算要求を受け,本市では,令和3年度における以下の補助メニューを検討しております。補助を希望される場合は,介護ケア推進課に電話連絡後,事前協議書及び補助協議資料(見積書,施設の位置図,施設の平面図)を御提出くださいますようお願いいたします。

 【注意事項】

 本市及び厚生労働省の予算の範囲内で実施されるため,事業計画が採択されない場合もありますので予め御了承ください。

 【御連絡 締切日】 

 令和2年11月13日

 【連絡先】

 保健福祉局 健康長寿のまち・京都推進室 介護ケア推進課 施設整備・支援担当

   〒604-8171 京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町566-1 井門明治安田生命ビル2階

    電話:075-213-5871 FAX:075-213-5801

認知症高齢者グループホーム等防災改修等支援

 高齢者施設等の利用者等の安全・安心を確保するため,耐震化改修,水害対策に伴う改修等や施設の老朽化に伴う大規模修繕等(非常用自家発電設備の設置を含む)を促進する。

補助1

【対象施設】小規模特別養護老人ホーム,小規模介護老人保健施設,小規模ケアハウス,小規模介護医療院

(※「小規模」とは,定員29名以下のこと。以下,同じ)

【補助上限額】1540万円/施設

【補助下限額】80万円/施設(ただし,非常用自家発電設備は無し)

【補助対象経費】補助対象とする経費は,事業に要する工事費又は工事請負費及び工事事務費(工事施工のために直接必要な事務に関する費用であって旅費,消耗品費,通信運搬費,印刷製本費及び設計監理料をいい,工事費又は工事請負費の2.6%に相当する額を限度とする。)とする。

補助2

【対象施設】小規模養護老人ホーム,認知症高齢者グループホーム,小規模多機能型居宅介護事業所 等

【補助上限額】773万円/施設

【補助下限額】80万円/施設(ただし,非常用自家発電設備は無し)

【補助対象経費】補助対象とする経費は,事業に要する工事費又は工事請負費及び工事事務費(工事施工のために直接必要な事務に関する費用であって旅費,消耗品費,通信運搬費,印刷製本費及び設計監理料をいい,工事費又は工事請負費の2.6%に相当する額を限度とする。)とする。

提出資料

補助を希望される場合は,介護ケア推進課へ電話連絡後,以下の資料を御提出ください。

■事前協議書

■補助協議資料(見積書,施設の位置図,施設の平面図)

事前協議書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801

フッターナビゲーション