スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

経済情勢の悪化に伴う失業者等の障害者福祉施設等就職支援事業について

ページ番号272477

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年7月14日

障害者福祉施設等就職支援事業について

保健福祉局(障害保健福祉推進室 電話222-4161)

 京都市では,新型コロナウイルス感染症に伴う経済情勢の悪化により失業者等が増加していることから,失業者等の早期再就職につなげるとともに,障害者福祉の担い手確保に資することを目的として,障害者福祉施設等の職員として採用された方に対し就労継続奨励金及び就労定着支援金(以下,「支援金等」という。)を支給する「失業者等の障害者福祉施設等への就職支援事業」を実施します。

 本事業は予算の範囲内で補助金を支給するものであり,法人又は施設等からいただく採用計画書の提出に基づき,支給認定を行います。本事業の対象となるかどうかは,ハローワーク求人票を御確認いただくか,各障害者福祉施設へお問い合わせください。本市予算額を超える申請があった場合は先着順となり,受付を早期終了する場合があります。

1 事業対象施設等 

生活介護,短期入所,施設入所支援,自立訓練,就労移行支援,就労継続支援,就労定着支援,共同生活援助

2 支給対象者

 令和2年7月1日から令和2年10月1日までに,京都市内の障害者福祉施設等に新たに採用され,勤務を開始した方。 

※ 対象職種:利用者を直接支援する職種 

 (生活支援員,職業指導員,就労支援員,世話人,サービス管理責任者,看護職員,療法士等)

 ただし,以下に該当する方を除く。

 (1) 前職において,介護,障害,児童福祉サービス事業所に勤務していた方。

  (令和2年6月30日より前に,育児,介護,病気等で離職していた方を除く。)

 (2) 本奨励金・支援金の一部又は全部の支給を受けた方。

3 事業予算

5,000,000円 

4 支給内容

[1週間の勤務時間が30時間以上の方]

 就労継続奨励金 : 勤務開始日から1箇月経過するごとに10,000円(最大50,000円)

 定着支援金 : 勤務開始日から6箇月経過したときに50,000円

[1週間の勤務時間が20時間以上30時間未満の方]

 就労継続奨励金 : 勤務開始日から1箇月経過するごとに7,000円(35,000円)

 定着支援金 : 勤務開始日から6箇月経過したときに50,000円

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション