スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

地域介護予防推進センター利用にあたっての感染症対策について

ページ番号270520

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年4月2日

 感染症対策を徹底するとともに,介護予防を進めるため,地域介護予防推進センター事業の利用時は,以下の点に御協力ください。

感染症対策の徹底

発熱がある方や咳等の風邪症状のある方は参加できません。

 介護予防教室等に参加する場合は,当日,参加前に検温し,発熱がないことを確認してください。

 発熱や咳等の風邪症状(以下「症状」という。)がある場合は,参加できません。

 また,教室等に参加している途中でも,症状が確認された場合には帰宅いただきます。

 ※ 次の方は,症状がない場合も,参加できません。

  (1) 本人または同居者が陽性と判明した場合

  (2) 本人が濃厚接触者となった場合

  (3) 同居者が濃厚接触者となった場合

  (4) 上記に関わらず,新型コロナウイルス感染症に係る検査を受検した場合

手洗いの徹底

 教室等の参加前後で手洗いを徹底してください。

 (屋外など,手洗い環境がない場合は,可能な限り手指消毒などをお願いします。)

 トイレなど,多くの方が利用する場所に出入りした際は十分に手洗いしてください。

人との間隔は2メートル(最低でも1メートル)確保

 教室中だけでなく,始まる前やお帰りの際も,人との間隔は2メートル(最低でも1メートル)の距離を保ってください。

マスクの着用

 マスクを着用してください。

 教室等の実施中のマスクの着用については,指導員等の指示に従ってください。

 ※気温・湿度が高い時には,熱中症にも御注意ください。 

 (参考)令和2年度の熱中症予防行動

  https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/20200526_leaflet.pdf外部サイトへリンクします

連絡先の把握への協力

 緊急時の連絡用として,教室等の参加にあたって,お名前や連絡先を確認しておりますので御協力ください。

地域における介護予防活動の支援について

 いわゆる「3密」が当てはまる環境で実施される場合には,推進センター職員等の感染リスクを回避するため,支援をお断りする場合があります。

 「新しい生活スタイル」も踏まえ,感染症対策の徹底をお願いします。

 (参考)「新しい生活スタイル」の実践をお願いします!

  https://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000269758.html

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室健康長寿企画課

電話:075-222-3411

ファックス:075-222-3416

フッターナビゲーション