スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】元船岡寮跡地有効活用事業者の公募について

ページ番号267846

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年4月17日

広報資料

令和2年4月17日  保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課(電話 213-5871)

元船岡寮跡地有効活用事業者の公募について

 京都市では,高齢者施策を総合的に推進する京都市民長寿すこやかプランに基づき,特別養護老人ホームの整備を進めてきましたが,近年,地価の高騰や特別養護老人ホームの整備が可能な未利用地が減少傾向にあることにより,市内中心部での整備が困難となっています。

 この度,元盲養護老人ホーム船岡寮跡地において,地域密着型特別養護老人ホームの整備・運営を条件とする「公募型プロポーザル」方式により有効活用事業者を公募しますので,お知らせします。

 なお,本公募は,昨年8月に実施した公募が不調になったことを受け,条件を見直して改めて実施するものです。

募集要項の概要

※ 詳細は,「元船岡寮跡地の有効活用事業者の選定に係る募集要項」を御参照ください。

1 物件の概要

概要
所在地京都市北区紫野花ノ坊町11番2 

敷地面積

 996.56㎡

公法上の

規制等

 (千本通から25mまでの部分)

 近隣商業地域(建ぺい率80%,容積率300%),15m第4種高度地区

(千本通から25mを越える部分)

 第一種住居地域(建ぺい率60%,容積率200%),15m第2種高度地区

2 応募資格

 地域密着型特別養護老人ホームを整備・運営する者は,社会福祉法人(契約締結までに設立を予定する者を含む。)で,募集要項に掲げる欠格事項に該当しない者に限ります。ただし,共同申込により,社会福祉法で定められている第一種社会福祉事業以外の事業を予定する者は,社会福祉法人である必要はありません。

3 売却条件(主なもの)

(1) 高齢者福祉施設用地としての活用

   (ア) ユニット型地域密着型又は広域型特別養護老人ホームを整備・運営する事業(必須)

   (イ) (ア)以外の高齢者福祉施設に係る社会福祉事業又は公益事業を運営する事業(任意)

   (ウ) (ア)及び(イ)のほか,医療と介護の連携に資する事業(任意)

(2) 使用権限

    普通借地権

(3)  最低貸付価格

    年額5,080,000円 ※貸付期間が1年未満の年度は日割計算とします。

(4) 保証金

    貸付料の2箇年分

4 有効活用事業者の選定方法

 応募者から提出された書類を基に,学識経験者等で構成する「元船岡寮跡地有効活用事業者選定委員会」において,活用計画案等を総合的に審査し,最も優れた事業者を有効活用事業者と決定します。

5 スケジュール(予定)

スケジュール(予定)
 募集要項の配布

令和2年4月17日(金曜日)~6月5日(金曜日) 

 地歴の調査に利用した資料の閲覧

令和2年4月17日(金曜日)~5月1日(金曜日) 

 現地見学会 令和2年4月27日(月曜日) 
 質疑の受付期間 令和2年4月17日(金曜日)~5月1日(金曜日) 
 申込み書類の受付期間 令和2年4月17日(金曜日)~6月5日(金曜日) 
 選定委員会 令和2年6月中旬 
 有効活用事業者の決定 令和2年6月下旬 

 契約締結

令和2年7月

 土地の引渡し

令和2年8月以降

6 募集要項の配布場所

 京都市保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

 (京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町566-1 井門明治安田生命ビル2階)

 ※ 本ホームページ上でも公開しています。

募集要項

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801

フッターナビゲーション