スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】セブン-イレブン・ジャパンからの商品寄贈の実績について ~三者での商品寄贈に関する協定に基づく取組~

ページ番号251325

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年4月26日

【広報資料】

平成31年4月26日

京都市保健福祉局(健康長寿のまち・京都推進室健康長寿企画課 TEL746-7713)

京都市子ども若者はぐくみ局(子ども若者未来部子ども家庭支援課 TEL746-7625)

セブン-イレブン・ジャパンからの商品寄贈の実績について

 京都市,社会福祉法人京都市社会福祉協議会(以下「京都市社会福祉協議会」という。)及び株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(以下「セブン‐イレブン」という。)は,平成30年10月1日に協定を締結し,セブン‐イレブン店舗の改装時等に発生する在庫商品の一部について,京都市社会福祉協議会を通じて社会福祉に関係する団体・施設等にお配りしており,生活に困難を抱えた個人・世帯等への支援や地域福祉の推進を図っています。

 この度,協定締結から約半年で400箱を超える商品を寄贈いただきましたので,お知らせします。

商品の寄贈について

(1)寄贈回数

   7回

(2)寄贈された商品

   計423箱

     食品類(299箱):カップ麺,レトルト食品,飲料水,スナック菓子,ガム 等

     雑貨類(124箱):封筒・便箋,メモ帳,筆記具,電池,傘,下着,石鹸,シャンプー・リンス,

                歯ブラシ・歯磨き粉,衛生用品 等

(3)配布施設・団体数

   45施設・団体

 

<参考>「商品寄贈による社会福祉貢献活動連携協定」について

(1)三者の役割

   ・京都市:本取組のPRや,配分先に関する情報提供・収集

   ・京都市社会福祉協議会:寄贈された商品の管理・配分

   ・セブン‐イレブン:店舗改装時等に発生する在庫商品の一部を京都市社会福祉協議会に寄贈

(2)寄贈商品

   改装時等に在庫となった加工食品や雑貨

    ※対象外:酒・たばこ等の免許品,おにぎり等の日配商品,アイスクリーム等の温度管理が必要な商品等

(3)配分先

   社会福祉に関係する団体・施設等

(4)協定締結日 

   平成30年10月1日

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

保健福祉局 健康長寿のまち・京都推進室 健康長寿企画課
電話:075-746-7713
ファックス:075-251-1114

フッターナビゲーション