スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】平成29年の京都市における自殺者数について

ページ番号243082

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年9月25日

お知らせ

平成30年9月25日

保健福祉局(障害保健福祉推進室 電話222-4161)

平成29年の京都市における自殺者数について

 京都市では,平成22年に策定した「きょう いのち ほっとプラン」(京都市自殺総合対策推進計画。以下「ほっとプラン」という。)を平成29年3月に改定し,誰もが自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して,様々な自殺対策に全力で取り組んでいます。

 厚生労働省から平成29年の京都市の自殺者数(人口動態統計 確定値)について,203人(うち,男性は128人,女性は75人。自殺死亡率※は,13.8。)と発表されました。京都市においては,平成22年3月に「ほっとプラン」を策定し,平成23年以降,本市自殺死亡率は毎年,全国自殺死亡率を2.5Pt以上下回って推移しております。

1 京都市の自殺者数の推移

京都市の自殺者数の推移

2 自殺死亡率の推移

自殺死亡率の推移

※自殺死亡率:人口10万人当たりの自殺者数

 平成29年の本市の自殺死亡率(13.8Pt)は,引き続き,全国自殺死亡率(16.4Pt)より2.5Pt以上下回って推移しています。


 平成28年の本市自殺死亡率は,全国自殺死亡率に比べて減少幅が倍となっています。

3 本市の取組

 本市では,「ほっとプラン」に基づき,「きょう ほっと あした~くらしとこころの総合相談会~」をはじめとする,本市及び関係団体による自殺関連相談や支援を実施しております。また,これまで多くの方に,声をかけて見守りを行うゲートキーパー研修を受講いただき,身近な支援者としての役割を担っていただいております。

 また,近年の若者のコミュニケーションツールが,電話や電子メールからSNS等に変化していることを受け,若者の自殺対策として,SNS等を活用した相談機能の強化が求められています。これを踏まえ,本市においては,若年層の自殺対策として,SNS等を活用した相談窓口の周知などを実施しております。

 本市では,自殺死亡者数は減少傾向にありますが,今なお年間200人余りの市民の尊い「いのち」が自殺で失われているという事態は続いており,更なる自殺死亡者数及び自殺死亡率の低下,ひいては誰もが自殺に追い込まれることのない社会の実現に向け,関係機関との協力・連携の下,全力で取り組んでまいります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション