スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】骨髄移植等により予防接種の免疫を失ったお子さんが,再度予防接種を行う場合の費用助成を開始します!

ページ番号238999

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年6月22日

広報資料

平成30年6月22日

保健福祉局(医療衛生推進室健康安全課感染症予防担当 電話:222-4421)

骨髄移植等により予防接種の免疫を失ったお子さんが,再度予防接種を行う場合の費用助成を開始します!

 骨髄移植等によって,過去に接種した定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断されたお子さんが再度予防接種を行う場合には,その費用は全額自己負担となっており,保護者の皆さんにとって大きな負担となっています。

 そのため,子育て家庭の経済的負担の軽減を図るとともに,疾病の発生及びまん延を予防するため,下記のとおり再度予防接種を行う場合の費用を助成する制度を開始しますので,お知らせいたします。

 

                                                                   記

 

1 対象となる方

  予防接種を受ける日において,20歳未満であり,次のいずれにも該当する方

  ア 市内に住所を有していること。

  イ 骨髄移植手術等により,接種済みの定期予防接種の免疫を失い,再接種の必要があると医師に判断されていること。

 

2 対象となる予防接種

  京都市が実施する定期の予防接種(子どもの予防接種)

 

3 接種費用

  無料

 

4 接種できる医療機関

  再接種協力医療機関(平成30年6月22日現在 市内6箇所)において実施

 

5 制度の開始日

  平成30年7月1日(日曜日)以降の接種分から

 

6 接種までの手続

 (1) 主治医の意見書等を添付し,京都市健康安全課まで申請を行ってください。

 (2) 京都市健康安全課から,助成の決定通知,再接種専用の予防接種券,予診票を交付します。

 (3) 主治医と相談のうえ,交付された書類を医療機関へ提出し,予防接種を受けてください。

 ※ 制度の詳細,必要書類,申請様式等は下記URLで公開しています。

   <京都市健康安全課ホームページ>

     https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000238298.html

 

7 問合せ先

  京都市保健福祉局医療衛生推進室健康安全課 感染症予防担当 TEL:075-222-4421

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室健康安全課

電話:075-222-4245

ファックス:075-222-4062

フッターナビゲーション