スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成30年度京都市障害者職場実習に係る実習生の募集について

ページ番号236344

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年4月20日

お知らせ

平成30年4月20日

保健福祉局(障害保健福祉推進室 222-4161)

  日頃は,本市障害保健福祉行政に御理解・御協力を賜り,厚く御礼申し上げます。

さて,本市では,障害のある方に,就労体験を通じて将来の企業就職に向けたステップアップとしていただくとともに,広く企業や市民の皆様への障害者雇用に関する啓発を図るため,職場実習を実施しております。

今年度は,7月頃から順次13名の障害のある方を市役所の職場に迎え,各々約2週間の職場実習を行います。

つきましては,実習生となる障害のある方を募集しますので,お知らせします。

募集内容

募集人数

 身体障害,知的障害,精神障害,発達障害,高次脳機能障害,難病のある人で職場実習を希望する人 13名 

 ※ 障害者就業・生活支援センター,障害者施設,障害者団体等の推薦を受けた方

   及び教育機関等の推薦を受けた同校生徒の中から選考します。

 

応募条件

以下の要件をすべて満たしていること

  

ア 京都市内に居住又は京都市内の障害福祉サービス事業所等の障害者福祉施設(以下「事業

  所」という。)に通所している者。 

イ 身体障害者手帳,療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者(発達障害,

  高次脳機能障害,難病のある方については医師の診断書でも可)。  

ウ 原則,18歳以上の者(平成30年4月1日現在)。  

エ 過去に企業等での実習経験がない者又は1,2回程度の者。

オ 企業等での就労の意欲を有する者。

カ 自宅と実習場所の往復が自力でできる者。

キ 介護者を伴わずに実習できる者。  

ク 現在の事業所に通所して半年が経過している者(平成30年4月1日現在)。

 

 

応募方法

下記の書類を以下の申込先に郵送又は持参してください(FAX不可)。

なお,提出いただいた書類の内容に不備等がある場合,電話で確認させていただきます。

(平成30年5月16日水曜日まで(必着))

・申込書(様式1)

・履歴書(様式2)

・作文(様式3)テーマ「私の好きな仕事」(400字以内)

・障害者手帳の写し(発達障害,高次脳機能障害のある方は医師の診断書でも可)

・ 就労支援機関推薦書(様式4)

<郵送先>

  〒604-8006

  京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル3階

   京都市保健福祉局 障害保健福祉推進室(就労支援担当)

   電話075-222-4161 FAX075-251-2940

申込用紙

 希望者には,障害保健福祉推進室にて募集要綱及び申請関係書類を配布するほか,Webサイト「京都市情報館」の障害保健福祉推進室のページからダウンロードできます。

 また,障害者団体や障害者施設等にも配布します。

募集期間

 平成30年4月20日(金曜日)から平成30年5月16日(水曜日)まで(必着)

実習の概要

実習期間

平成30年7月から平成30年12月までの間で,実習場所と実習生の日程等を調整したうえで決定します。

(1名につき2週間程度)

実習時間

原則として,1日当たり6時間程度。ただし,障害特性等の必要に応じて,3時間(半日)から7時間45分の間で変更可能

とします。

実習場所

京都市役所内(本庁舎・区役所等を含む)の職場

※ 今後,実習生の実習の目的等を勘案し,平成30年度職場実習の実施職場を決定します。

  なお,どの職場で実施するか等について,実習生の希望に添えない場合がありますので,予め御了承ください。

 

 【参考 平成29年度の職場実習実施職場】 

 ・文化市民局 市民スポーツ振興室

 ・上下水道局 総務部 総務課

 ・保健福祉局 障害保健福祉推進室

 ・子ども若者はぐくみ局 幼保総合支援室(改進,壬生,山ノ本,鏡山,淀保育所)

 ・子ども若者はぐくみ局 児童福祉センター総務課 

 ・教育委員会事務局 (中央図書館,伏見中央図書館,右京中央図書館,醍醐中央図書館)

 ・教育委員会事務局 総務部 調査課

 ・西京区役所 地域力推進室 

 ・教育委員会事務局 生涯学習部 生涯学習推進担当

 ・上京区役所 保健福祉センター

 ・交通局 営業推進室

 ・環境政策局 循環型社会推進部 ごみ減量推進課 

 ・保健福祉局 生活福祉部 生活福祉課

 ・教育委員会事務局 青少年科学センター

 ・文化市民局 くらし安全推進部 人権文化推進課 

 ・消防局 総務部 人事課

 

実習内容

軽作業,一般事務補助等(例えば,封筒の仕分け,ラベル貼り,書類整理,パソコンのデータ入力等)。

実習生,京都市,就労支援機関,実習コーディネーター(ジョブコーチ等,就労支援の専門家)等との協議のうえ,実習

期間中に実施する業務を決定いたします。

実習の待遇等

無給とし,交通費を実費支給します。

事故等は,京都市が傷害保険に加入することにより対応します。

 

チャレンジ雇用の概要

 職場実習生のうち,職場実習の取組結果や今後の就職活動の状況等を勘案し,一般就労のための更なる実践経験を積むための「チャレンジ雇用」の機会を設けています。

 本市臨時的任用職員として給与を得ながら働いていただく機会となります。

(雇用期間については,1箇月~2箇月の間で,実施職場等の状況を確認の上,個別に調整いたします。)

 

選考方法

書類審査及び面接により,実習生13名を選考します。

ただし,選考された実習生が就職等により実習開始までに辞退した場合等に繰り上げる「実習待機者」を,選考

されなかった者の中から,数名程度,選定します。

「実習待機者」として登録するかどうかの意向については,選考結果の通知時に確認いたします。

 

 (1)書類審査

   事前に郵送していただいた以下の書類を審査します。

  ・申込書(様式1)

  ・履歴書(様式2)

  ・作文(様式3)テーマ「私の好きな仕事」(400字以内)

  ・障害者手帳の写し(発達障害,高次脳機能障害のある方は医師の診断書でも可)

  ・ 就労支援機関推薦書(様式4)

 (2)面接

   書類審査の後,応募者の所属する支援機関を通じて,面接日時を通知します。

   面接は,下記の日程により実施します。面接日はこちらで指定しますが,やむを得な

  い事情がある場合は,個別に御相談ください。

    【面接日程】

     平成30年6月4日月曜日,平成30年6月5日火曜日

     のいずれか1日(面接時間:1人当たり約30分)

     ※ 実習生の面接と同時に,支援者向けのヒアリングを行います。

 (3)選考結果

   選考後,推薦機関を通じて応募者へ合否結果を通知します。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション