スマートフォン表示用の情報をスキップ

3月24日は世界結核デーです!

ページ番号215654

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年3月1日

3月24日は世界結核デーです!

1 まだまだ忘れてはいけない,結核

 3月24日は,世界結核デーです。細菌学者ロベルト・コッホが1882年に結核菌の発見を発表した日にちなみ,1997年の世界保健総会で制定されたものです。

 京都市では,平成29年の1年間に235人の新たな結核患者が発生しました。そのうち,60歳以上の方が74%,80歳以上が45%を占めています。結核を発病しても,初期段階では,ほとんど症状(微熱,体のだるさ,長引く咳・痰)が現れず,特に高齢者では咳や痰の特徴的な症状が出にくいため,気づかないうちに進行してしまうことがあります。そのため,受診が遅れてしまうことも多く,周囲の方へ結核の感染を広げてしまうことがあります。また京都市内では,平成28年以降,毎年,高齢者施設や病院内等での結核集団感染事例が発生しています。

 また,60歳以下の方の多くは,結核特有症状をきっかけに医療機関を受診して発見されますが,職場の定期健康診断等で発見される方も少なくありません。

 結核の感染拡大を防ぐためには,年齢を問わず,気になる症状があれば早めに受診すること,定期的(年に1回)に健康診断で胸部エックス線検査を受けることが大切です。

 ※ 80歳以上の結核患者の割合が年々増えていることをふまえ,早期発見や,感染の拡大を最小限に抑えられるよう,啓発チラシを作成しましたので,御家族様や高齢者の支援者様等におかれましては,胸部エックス線検査の受診勧奨にぜひ御活用ください。


チラシです。
クリックすると,チラシ(両面)が御確認いただけます。

2 結核とは?

 結核は過去の病気ではありません。平成29年は,全国で,16,700人以上(1日平均45人)が結核と診断されている病気であり,日本の主要な感染症の一つです。

 結核の症状が進行すると,結核菌が咳のしぶきに含まれるようになり,それを吸い込んだ他の方に感染します。結核菌を吸い込んだ人の約1割が感染し,感染した人の約1割が発病すると言われています。

(1)症状

 結核の症状は,かぜとよく似ています。次のような症状が続く場合は必ず医療機関を受診し,胸部エックス線検査を受けましょう。

 【症状】

 咳が2週間以上続く,痰が出る,発熱,体重の減少,体がだるい

  ※ 高齢になるにつれて,食欲がない,元気がないなどの症状はあっても,結核特有の症状(咳や痰)が現れない場合があります。

    また,糖尿病など免疫状態が低下した方は,発病しやすくなると言われています。

(2)発見・診断

 早期に発見し,治療を開始することで,他の方に感染させる可能性を低くすることができます。気になる症状があれば,早めに受診をしましょう。また,年に1回,定期的に胸部エックス線検査を受けるようにしましょう。特に,65歳以上の方は,毎年受診するよう感染症法に定められています。

 過去,1年以内に職場の健康診断や医療機関等で胸部エックス線検査を受けていない方は,京都市が実施している「胸部(結核・肺がん)検診」を御利用ください。胸部検診の日程の詳細はこちらを御確認ください。

 また,結核が疑われる場合には,胸部エックス線検査に加えて,痰の検査を実施することが多くあります。痰の検査の結果は,検査項目によって数週間以上とかなりの時間を要する場合があります。医師の指示に従い,必要な検査を受けましょう。

(3)治療

 現代は,薬が開発されて,医師の指示通り治療をすることで,結核は治る病気になりました。

 しかし,発見が遅れたために病気が進行して重症になった場合や免疫状態が著しく低くなった場合には,死に至ることもありますので注意が必要です。
 また,治療途中で内服をやめてしまったり,指示されたとおりに内服しなかった場合には,結核菌が薬に対して抵抗力(耐性)を持ってしまい,薬の効かない結核菌(耐性菌)になる可能性があります。
 結核と診断されたときは,医師の指示を守って,治療終了まできちんと内服し続けることが最も重要です。

(4)予防

ア 免疫・抵抗力が弱い乳児の予防

  万一,結核に感染した場合の重症化を防ぐために,生後1歳未満(標準は生後5月から8月に達するまでの間)にBCG接種をしましょう。京都市でのBCGについては,こちらを御確認ください。

イ 大人の予防の仕方

  大人の方に対しての予防接種はありません。しかし,普段から「疲れをためない」「栄養バランスのよい食事を摂る」「十分な睡眠」「適度な運動」など,免疫力が低下しないように規則正しい生活を心がけましょう。 

 なお,結核菌は紫外線に弱く,体外に排出された菌は日光に当たると数時間で死滅します。食器類や衣類等も通常どおりの洗浄で十分です。また,換気を心がけるようにしましょう。

 高齢者施設における結核対策について,京都市では手引きを作成しています。施設内における結核対策に御活用ください。

高齢者施設における結核対策の手引

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室健康安全課

電話:075-222-4245

ファックス:075-222-4062

フッターナビゲーション