スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

動物との共生に向けたマナー等に関する条例に係る地域ぐるみの啓発活動の実施について

ページ番号191382

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年6月8日

動物との共生に向けたマナー等に関する条例に係る地域ぐるみの啓発活動の実施について


京都動物愛護センター(動物愛ランド・京都)
マスコットキャラクター 
京(きょう)ちゃん 都(みやこ)ちゃん

 京都市では,「人にも動物にも心地よいまち」の実現を目指し,本年7月1日から「京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例」を施行し,条例の周知啓発の取組として,野良猫への適正な給餌や犬のふんの回収など動物と関わる方のマナー意識の向上を訴える啓発活動を行っています。

 この度,左京区「哲学の道」の保全活動を行う「哲学の道保勝会」主催の一斉清掃活動に合わせ,本年7月5日に引き続き,「哲学の道」における第2回目の地域ぐるみでの啓発活動を行いました。

1 実施内容

 ・ 啓発物品の配布による野良猫への適正な給餌や犬のフンの回収のマナー向上の呼びかけ

 ・ 野良猫,飼い犬のフン拾いやその他のゴミ拾い

2 日時

 平成27年12月5日(土曜日) 午前9時~(2時間程度)

(参考)これまでに実施した地域ぐるみでの啓発活動

 ・ 平成27年7月5日(日曜日) 左京区「哲学の道」(若王子神社周辺)

 ・ 平成27年9月14日(月曜日) 山科区陵ヶ岡みどりの径(みち)緑道(旧京津線跡地)

 

<開催当日の様子>


 

当日は,約180名の地元「哲学の道保勝会」の皆様が,哲学の道一帯の清掃活動を実施されるとともに,本市職員も哲学の道を訪れた方に啓発ちらしなどを配布して条例の啓発や周辺のふんの回収などの活動を行いました。

(平成28年1月18日更新)

 平成28年1月14日,地域ぐるみの啓発活動に取り組んでいただいている地域の皆様とともに,哲学の道に野良猫への餌やりに関する啓発看板を設置しました。

(看板の写真)


 

(看板の記載内容)

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室医務衛生課

電話:(庶務,市営墓地・墓園関係)075-222-3433 (生活衛生・「民泊」対策関係)075-222-4272  (薬務関係)075-222-3430 (動物愛護関係)075-222-4271 (病院・診療所,施術所等関係)075-213-2983 (医療安全相談窓口)075-223-3101

ファックス:075-213-2997

フッターナビゲーション