スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

柔道整復施術療養費支給適正化に向けた取組等

ページ番号160145

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年1月7日

1 柔道整復施術療養費支給適正化に向けた取組

 京都市(医務審査課)では,柔道整復施術療養費の支給適正化を図るため,柔道整復施術療養費支給申請書をより詳細に点検する2次点検を実施するとともに,多部位,長期又は頻度が高い施術を受けられた患者を中心に,平成25年1月から文書照会等を実施しています。
患者文書照会状況
照会件数回答件数回答率
平成25年 1月362672.2%
2月454191.1%
3月1049187.5%
4月1007676.0%
10月846476.2%
11月15711372.0%
 ※平成25年5月から9月までは実施せず

 文書照会に際には,以下のチラシを同封し,患者への啓発にも取り組んでいます。


(画像をクリックすると拡大します。)

2 保険医療機関等及び柔道整復師等において不正請求等が行われた場合の取扱い

<近畿厚生局ホームページ抜粋>

「柔道整復師は,健康保険法等に基づく療養費の受領の委任を被保険者から受け,保険者等に請求する場合は,受領委任の取扱いを定めた規定(通知)の内容を遵守しなければなりません。

 この柔道整復施術に係る療養費の請求内容に,不正又は著しい不当が認められた場合は,受領委任の取扱いを中止し,施術を受けた患者(被保険者)の皆様の権利を守ることを目的として,措置内容を公表することとしております。」

【近畿厚生局】保険医療機関等及び柔道整復師等において不正請求等が行われた場合の取扱いについて外部サイトへリンクします

【近畿厚生局】柔道整復施術療養費の受領委任の取扱いの中止(中止相当)措置一覧外部サイトへリンクします

 

 柔道整復に係る施術及び療養費の受領委任に関する指導又は監査の権限については,近畿厚生局が有しており,京都市はその権限を有していませんが,法令等に基づいた療養費支給申請書の提供等を通じて連携を図っています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室医療衛生企画課

電話:075-222-4245,(市営墓地・墓園関係)075-222-3433,(生活衛生・「民泊」対策関係)075-222-4272,(薬務関係)075-222-3430,(動物愛護関係)075-222-4271,(病院・診療所,施術所等関係)075-213-2983,(医療安全相談窓口)075-223-3101,(感染症対策)075-746-7200

ファックス:075-222-4062,075-213-2997,075-251-7233

フッターナビゲーション