スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

コチニール色素を含む食品によるアレルギーについて

ページ番号121326

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年3月14日

コチニール色素を含む食品によるアレルギーについて

 平成24年5月に国内において既存添加物「コチニール色素」を含む飲料の摂取による急性アレルギー反応(アナフィラキシー)とされる事例があったとの情報が消費者庁よりあり、注意喚起がなされました。

 このため、本市では関係営業者に対し、コチニール色素によるアレルギーの発症に関する情報提供を行いました。

 なお、市民の皆様におかれましては、コチニール色素によるアレルギー等を疑う症状等がありましたら、医療衛生センターへご連絡をお願いします。

本件に関するご相談は

本件に関するご相談は医療衛生センターまで

消費者庁

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

(参考)コチニール色素とは

エンジムシ(中南米原産の昆虫で、食品添加物の原料として養殖されている。)から得られた、カルミン酸を主成分とする「着色料」で、橙色~赤紫色を呈します。食品(清涼飲料水、菓子類、ハム、かまぼこなど)に使用されています。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室医療衛生企画課

電話:075-222-4245,(市営墓地・墓園関係)075-222-3433,(生活衛生・「民泊」対策関係)075-222-4272,(薬務関係)075-222-3430,(動物愛護関係)075-222-4271,(病院・診療所,施術所等関係)075-213-2983,(医療安全相談窓口)075-223-3101,(感染症対策)075-746-7200

ファックス:075-222-4062,075-213-2997,075-251-7233

フッターナビゲーション