スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市東山区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

出産にかかる費用

ページ番号244384

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年11月15日

入院助産制度のご案内

経済的理由により入院助産を受けることが困難な妊産婦が安心して出産できるよう,助産施設への入所,出産費用を援助する制度です。出産のために入院から退院までの間にかかる費用を公費負担します。

※入院前・退院後の費用,交通費,個室料金等は含みません。また,病院によりおむつ代などの実費を請求される場合があります。

助産施設一覧
施設名所在地・電話電話定員
京都第二赤十字病院上京区釜座通丸太町上る春帯町355-5  231-5171  2
京都府立医科大学附属病院     上京区河原町通広小路上る梶井町465  251-51112
日本バプテスト病院左京区北白川山ノ元町47  781-51912
京都民医連中央病院中京区西ノ京春日町16-1  822-27775
京都市立病院中京区壬生東高田町1の2  311-53112
京都第一赤十字病院東山区本町十五丁目749  561-11214
洛和会音羽病院山科区音羽珍事町2  593-41113
今井会第二足立病院南区四ツ塚町1  681-73161
京都桂病院西京区山田平尾町17  391-58112
医仁会武田総合病院伏見区石田森南町28の1  572-63313

 

利用対象者

・生活保護を受けている世帯

・当該年度分(4月〜6月出産の方は前年度分)市民税が非課税の世帯

  ※課税世帯であっても,19歳未満の方を扶養している場合は利用できる場合があります。

 

一部負担金について

助産制度をご利用の場合,一部負担金として80,800円をお支払いいただきます(生活保護世帯は無料)。支払方法等は区役所窓口で申請いただく際に御説明します。
 

((( 出産育児一時金について )))

入院助産制度とは別の制度で,健康保険法等に基づく「出産育児一時金」制度があり,出産費用として,子ども1人につき42万円(産科医療補償制度の対象にならない出産の場合は40.4万円)が支給されます。入院助産制度の利用者も出産育児一時金制度を利用することができます。手続きについては,加入されている健康保険にお問い合わせください。

 

詳細は市のHPをご確認ください。また,ご不明の点は下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先

京都市 東山区役所保健福祉センター 子どもはぐくみ室

電話:子育て推進担当075-561-9350,子育て相談担当075-561-9349

ファックス:075-531-2869