スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市スマイルママ・ホッと事業(産後ケア事業)の利用者負担の軽減について

ページ番号296199

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年3月30日

京都市スマイルママ・ホッと事業(産後ケア事業)の利用者負担の軽減について

 京都市では,産後の母親が身近な地域で安心して育児を開始し,子どもが健やかに成長できるよう,京都市内に住民票を有する生後1年未満の乳児及びその母親を対象に,医療機関等でのショートステイやデイケアを通じて心身のケアや育児等の支援を行う「京都市スマイルママ・ホッと事業」を実施しています。

 この度,産後の支援を必要とする方の事業利用を促進し,育児不安や負担感の軽減を図ることを目的に,下記のとおり,利用料を軽減しますので,お知らせします。

1 産後ケア事業の利用対象者

  本市に住民票を有する生後1年未満の乳児及びその母親のうち,次の⑴及び⑵のいずれにも該当し,本市がこの事業による支援が必要であると判断した方。

 ⑴ 母親の産後の回復が思わしくなく母体管理が必要な体調不良の方,又は育児に不安があり,授乳や沐浴などの方法についての相談,助言,指導等の心理的支援が必要な方

 ⑵ 親族等から支援が受けられず,家事,育児等の日常生活を行うことが困難な方

  ※ ただし,入院治療の必要な方を除く。

2 事業概要

⑴ サービス区分

  産後ショートステイ(短期入所型)及び産後デイケア(通所型)

⑵ サービス内容

  保健師,助産師又は看護師等の高い専門性を有する者による,授乳や沐浴等の育児方法に関する相談や助言,カウンセリング等の心理的支援等

⑶ 実施場所

  本市と委託契約を締結する施設(25施設:「5 事業委託先」参照)

⑷ 利用可能日数

  産後ショートステイ及び産後デイケアについて,各々7日間以内

3 軽減内容

⑴ 市民税非課税世帯及び生活保護世帯の方への負担軽減

  産後ショートステイ及び産後デイケアの利用料(各々7日間まで)を無料にします。

⑵ 市民税課税世帯の方への負担軽減

  産後ショートステイ又は産後デイケアのどちらか1日分の利用料を半額にします。

⑶ 対象期間

  令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に利用したサービス

※ ⑴及び⑵に記載しているいずれの場合についても,利用料以外に,別途,施設が設定している料金(食事代等)をお支払いいただく必要がございますので,御留意ください(別途必要となる料金は「4 産後ケア事業の利用に係る窓口」で確認できます)。

産後ケア事業の利用料(軽減前)

事業利用開始時の乳児の月齢が生後3箇月未満

階層区分

産後ショートステイ

産後デイケア

高所得世帯(注1)

12,920円

6,300円

一般世帯

 5,170円

2,520円

市民税非課税世帯(注2)

   510円

  250円

生活保護世帯(注3)

事業利用開始時の乳児の月齢が生後3箇月以降

階層区分

産後ショートステイ

産後デイケア

高所得世帯(注1)

12,320円

6,100円

一般世帯

 4,930円

2,440円

市民税非課税世帯(注2)

   490円

  240円

生活保護世帯(注3)

注1 夫及び妻の前年の所得(1月から5月までの申請については前々年の所得)の合計額が  730万円以上である世帯。所得の範囲及び計算方法は,児童手当法施行令第2条及び第3条を準用する。

注2 サービスを利用する年度(4月から5月に申請する場合は前年度)の個人市民税が非課税の世帯。

注3 生活保護法の規定による被保護世帯。

4 産後ケア事業の利用に係る窓口

 お住まいの区役所・支所保健福祉センター子どもはぐくみ室(右京区京北出張所管内にお住まいの方は,京北出張所保健福祉第二担当)に御相談ください。

5 事業委託先

25施設(令和4年3月30日現在)

・医療法人仁愛会川村産婦人科

・医療法人社団糺森翠泉会 森産婦人科医院

・一般財団法人日本バプテスト連盟医療団日本バプテスト病院

・医療法人財団今井会 足立病院

・地方独立行政法人京都市立病院機構京都市立病院

・医療法人社団洛和会 洛和会音羽病院

・医療法人種田産婦人科

・南部産婦人科医院

・医療法人社団美友会産科・婦人科松本クリニック

・医療法人財団今井会足立病院 第二足立病院

・島岡医院

・公益社団法人京都保健会 京都民医連中央病院

・医療法人柏木産婦人科

・医療法人倖生会 身原病院

・三菱京都病院

・社会福祉法人京都社会事業財団京都桂病院

・医療法人藤田産科婦人科医院

・醍醐渡辺クリニック

・医療法人社団ハシイ産婦人科

・あいあい助産院

・出張さんばステーション聖護院 海助産所

・まこと助産院

・桶谷助産院

・ふじわら助産院

・baby.mamSHIJO

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部子ども家庭支援課

電話:075-746-7625

ファックス:075-251-1133

フッターナビゲーション