スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】新型コロナウイルス感染症の感染防止に係る若者向けの啓発について ~周りの人だけでなく自分自身を守るために~

ページ番号281672

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年3月9日

広報資料

令和3年3月9日

京都市新型コロナウイルス感染症対策本部(担当:子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部育成推進課(電話748-0016),総合企画局総合政策室大学政策担当(電話222-3103),教育委員会事務局指導部学校指導課(電話222-3806))

新型コロナウイルス感染症の感染防止に係る若者向けの啓発について~周りの人だけでなく自分自身を守るために~

 京都市では,あらゆる機会を通じて新型コロナウイルス感染症の感染防止に係る周知啓発等を行うことにより,感染対策の徹底に取り組んでいます。

 この度,新型コロナウイルス感染症の感染防止に係る周知啓発の一環として,若者向けの啓発チラシを若者と協働で作成し,自分の大切な人の命を守るという心がけとあわせて,若者自身の重症化や後遺症リスクの理解を広める啓発を行うことにより,更なる感染対策の徹底を図りますので,お知らせします。

 

1 啓発チラシ

啓発チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 

2 主な配布先(予定)

 ・ 本市所管の若者向け施設(京都市青少年活動センター(市内全7箇所),キャンパスプラザ京都,京都市こども体育館等)

 ・ 市内の各大学・短期大学,日本語学校・専修学校

 ・ 市立中学校・高等学校・総合支援学校  など

 ※ チラシデータの送付を行う施設を含む

 

3 備考

  啓発チラシの配布のほか,各施設のホームページ,SNS,アプリ等を活用して幅広く周知啓発を行います。

 

(参考)

 本啓発チラシのデザインは,京都市青少年活動センターの利用者であり,京都を拠点に芸術活動を行っている若者の中村彩乃氏に手掛けていただきました。

氏名:中村 彩乃(27歳)

所属:劇団「安住の地」代表・俳優

主な活動内容:

 平成29年に劇団「安住の地」を旗揚げし,以降,代表を務めながら自らも俳優として公演に参加。演劇を主軸に置きながら音楽・写真・ファッションなど様々な分野とコラボレーションした作品を発表し続けており,他の劇団の作品にも多数出演。

本人コメント:

 新型コロナウイルス感染症の啓発チラシということで,重要な情報を届けることを大切にしつつ,硬すぎない手に取ってもらいやすいデザインを心掛けました。それぞれ個人の小さな心掛けも皆で行えば新型コロナウイルス感染症の対策となります。この事態が一刻も早く収まるように,まずは自分と周りの人の身体を大切に過ごしましょう。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部育成推進課

電話:管理担当,健全育成担当:075-746-7610/ひきこもり寄り添い支援担当,青少年育成担当,若者・まなび推進担当:075-748-0016

ファックス:075-251-2322

フッターナビゲーション