スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】【広報資料】不妊に悩む方への特定治療支援事業の拡充について

ページ番号281158

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年3月1日

【広報資料】不妊に悩む方への特定治療支援事業の拡充について

 不妊に悩む方への特定治療支援事業について,令和3年1月1日以降に終了した治療を対象として,以下のとおり,制度を拡充しますので,お知らせします。

概要

 次世代育成支援の一環として,体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)を受けている夫婦の経済的負担の軽減を図るため,治療に要した医療費の一部を助成する治療費助成事業について,以下のとおり拡充します。

不妊に悩む方への特定治療支援事業の拡充について

    項目

             現行

             拡充後

所得制限

730万円未満(夫婦合算の所得)

なし

助成回数

生涯で通算6回まで

(40歳以上43歳未満は3回まで)

1子ごとに6回まで

(40歳以上43歳未満は3回まで)

婚姻関係

法律婚の夫婦

夫婦(事実婚を含む)

助成額(上限)

A・B・D・E

初回30万円

(2回目以降は15万円)

1回30万円

C・F

1回7万5千円

1回10万円

男性不妊治療

初回30万円

(2回目以降は20万円)

1回30万円

  ※ 拡充は,令和3年1月1日以降に治療が終了した特定不妊治療が対象。

  ※ 助成額のアルファベットは治療内容(治療ステージ)を指す。

受付開始日

  令和3年3月1日 月曜日

  申請方法や必要書類等については,以下のホームページをご確認ください。

  https://www.city.kyoto.lg.jp/hagukumi/page/0000280901.html

申請先・問合せ先

  お住まいの区の区役所・支所保健福祉センター子どもはぐくみ室

  (京北地域にお住まいの方は,京北出張所保健福祉第二担当)

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部子ども家庭支援課

電話:075-746-7625

ファックス:075-251-1133

フッターナビゲーション