スマートフォン表示用の情報をスキップ

11月は児童虐待防止推進月間です!

ページ番号277243

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年11月6日

11月は児童虐待防止推進月間です!

 全国的に児童虐待が深刻化し,子どもの生命が奪われる痛ましい事件が増加する中,京都市では市民の皆様方一人ひとりが周囲の子どもたちに関心を持ち,虐待に気付き,ためらわずに行動(通告)することを促すとともに,子育てに悩む保護者からの相談を促進するため,児童虐待防止啓発事業を行っています。

 特に「児童虐待防止推進月間」である11月には,例年,様々な取組を行っており,令和2年度においては,以下の取組を実施します。

 なお,虐待かも,と思われたら,すぐに「189(いちはやく)」にお電話ください。匿名でも間違っていても構いません。あなたの1本の電話で救われる子どもがいます。(ページ下部の<京都市の相談・連絡先>もご参照ください。)

京都市における取組内容

1 京都タワーライトアップ

 子どもの虐待をなくすための市民運動「オレンジリボン運動」を周知するため,京都タワーを「オレンジリボン運動」のシンボルカラーであるオレンジ色にライトアップします。

(※令和2年度においては,11月2日(月曜)及び3日(火曜・祝)に実施しました。)


           ライトアップの様子

2 京都市広報板,市内主要駅(※)及び市バス・地下鉄車内における京都市オリジナルポスターの掲出

(※)市内主要駅:JR京都駅,阪急河原町駅,京阪祇園四条駅,近鉄丹波橋駅


          京都市オリジナルポスター

3 専用デザインのトラフィカ京カード作成


            トラフィカ京カード

「児童虐待防止推進月間」における標語の決定

 厚生労働省では,児童虐待防止推進月間の取組の一環として,意識啓発を図ることを目的とした標語の募集を行っており,令和2年度は以下の作品が最優秀作品として選考されました。

 最優秀作品は,今後,厚生労働省が作成する各種広報媒体に掲載されます。

令和2年度最優秀作品

 189(いちはやく)  知らせて守る  こどもの未来

  稲葉 結(いなば ゆい)さん(栃木県)の作品

 

<京都市の相談・連絡先>

 虐待から子どもたちを救うために設けられたのが,児童相談所の虐待対応ダイヤル「189(いちはやく)」。京都市内なら,「子ども虐待SOS専用電話」に24時間つながります。匿名でも間違っていても構いません。おかしいと感じたらまず連絡を。「つい子どもにあたってしまう」など,子育てに悩む保護者からの相談も受け付けています。

 <相談・連絡>

●電話は,TEL189か,TEL075-801-1919へ。いずれも「子ども虐待SOS専用電話」につながります。

●京都市内の窓口での相談・連絡は,「京都市児童相談所」(上京区竹屋町通千本東入ル主税町910-25),TEL075ー801-2929まで。南区・伏見区にお住まいの方は「京都市第二児童相談所」(伏見区深草加賀屋敷町24-26),TEL075-612-2727まで。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部子ども家庭支援課

電話:075-746-7625

ファックス:075-251-1133

フッターナビゲーション