スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市,社会福祉法人あだち福祉会及び一般社団法人こども宅食応援団による「京都こども宅食プロジェクト」の始動に係る共同記者会見について

ページ番号260500

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年12月6日

広報資料

令和元年12月6日

子ども若者はぐくみ局(担当 子ども若者未来部子ども家庭支援課 746-7625)

京都市,社会福祉法人あだち福祉会及び一般社団法人こども宅食応援団による「京都こども宅食プロジェクト」の始動に係る共同記者会見について

  京都市,社会福祉法人あだち福祉会及び一般社団法人こども宅食応援団では,生活保護や就学援助を受けている子育て家庭に食品をお届けし,必要な支援につなぐため,政令市初の「京都こども宅食プロジェクト」の始動に向けた連携・協力に関する協定を締結します。

 この度,下記のとおり共同記者会見を行いますので,お知らせします。

1 協定締結式

(1) 日時

  令和元年12月11日(水曜日)  午後2時~午後2時半

(2) 場所

  京都市役所 北庁舎4階 第一応接室

(3) 出席者

  社会福祉法人あだち福祉会 : 畑山 博 理事長

  一般社団法人こども宅食応援団 : 駒崎 弘樹 代表理事

  京都市  : 門川大作 市長

(4) 次第

  ア 出席者の紹介,概要説明

  イ 協定の締結

  ウ 写真撮影

  エ 畑山理事長     挨拶

  オ 駒崎代表理事長  挨拶

  カ 門川市長       挨拶

  キ 質疑応答

(5) 協定項目

 京都市内の支援が必要な家庭に食品を届けることをきっかけとして,必要な支援につないでいく取組の実現を目指す「京都こども宅食プロジェクト」を始動するにあたり,三者それぞれの役割に関して,必要な事項を定めています。

<参考> 京都こども宅食プロジェクトの概要

(1) 概要

  支援が必要な家庭に対し,食品を届けるときに,困りに「気づき」,行政や地域で取り組まれている様々な支援(子ども食堂,学習支援等)に「つなぐ」取組の実現を目指す政令市初のプロジェクトです。

  まずは,対象地域を設定し,モデル的に実施したうえで,その効果等について検証します。

(2) 3者の役割分担

  ・あだち福祉会

   事業全般の運営管理,本事業の広報,寄附金や寄贈品の収集及び管理

  ・こども宅食応援団

   先進事例実践者としての助言及び技術的支援

  ・京都市

   事業対象世帯への支援に関する連携,その他必要な助言及び技術的支援 

広報資料等

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部子ども家庭支援課

電話:075-746-7625

ファックス:075-251-1133

フッターナビゲーション