スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】【お知らせ】児童福祉関係団体によるSDGsの普及啓発及び交通事故防止の取組報告について

ページ番号254251

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年7月4日

お知らせ

令和元年7月4日

子ども若者はぐくみ局(担当:幼保総合支援室 251-2390)

児童福祉関係団体によるSDGsの普及啓発及び交通事故防止の取組報告について

 この度,京都市日本保育協会,京都市児童館学童連盟及び全国認定こども園協会京都府支部の3団体が市庁舎を訪問され,SDGsの普及啓発に向けたPR活動及び児童の交通事故防止に関する取組について報告が行われますので,お知らせします。

1 日時

  令和元年7月9日 午前11時~午前11時30分

2 場所

  市役所本庁舎3階 第一応接室

3 訪問者

  京都市日本保育協会          河原義雄会長,森口源造副会長,植松事務局長

  京都市児童館学童連盟         稲川昌実会長,小林久男副会長,國重晴彦健全育成・子育て支援統括官

  全国認定こども園協会京都府支部    山手重信支部長,矢島里美副支部長,高畑延弘事務局長

5 報告内容

 ⑴ SDGs(持続可能な開発目標)にも掲げられた,「誰ひとり取り残さない」との理念の下,「子育て環境・日本一」の実   現を目指す旨ののぼりを制作し,各種イベントで活用していくことについて

 

 ⑵ 保育園の園外活動時における交通事故等子どもの安全を脅かす事件・事故が相次いでいることから,保護者や地域住民の方等に,安心・安全への意識を高めてもらうことを目的とした啓発用のベストの作成をはじめ,児童の交通事故防止に係る安全対策の自主的な取組について

6 次第

 ・出席者照会

 ・団体代表者挨拶

 ・市長挨拶

 ・歓談

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局幼保総合支援室

電話:075-251-2390

ファックス:075-251-2950

フッターナビゲーション