スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】故山下達雄氏・亮子氏の功績を称えるモニュメント(記念像)の除幕式について

ページ番号251437

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年4月26日

広報資料

平成31年4月26日

子ども若者はぐくみ局(子ども若者未来部子ども家庭支援課 電話:746-7625)

故山下達雄氏・亮子氏の功績を称えるモニュメント(記念像)の除幕式について

 修学困難な生徒に対する社会福祉奨学基金として,これまで本市に対し多額の御寄付をいただきました,故山下達雄氏・亮子氏の功績を称える「モニュメント(記念像)」を京都市総合教育センターに建立することとなり,その除幕式を下記のとおり開催しますのでお知らせします。

除幕式について

1 実施日時 

  令和元年5月13日 月曜日 午前10時~午前10時30分

 

2 会場

  京都市総合教育センター(京都市下京区河原町通松原上ル二丁目富永町344番地)

 

3 主な出席者

 (遺族等)  山下 寛一郎 清昌堂やました代表取締役 御遺族他7名

        田中 田鶴子 大和学園名誉学園長

 (施設代表) 石塚 かおる 児童養護施設つばさ園 施設長

 (本市側)  門川 大作京都市長,在田 正秀教育長

 (地元関係者)井上 清次 永松自治連合会会長

 

4 内容(予定)

 ・ 開式

 ・ 市長挨拶

 ・ 除幕・記念撮影

 ・ 感謝状贈呈

 ・ 主催者・来賓の紹介

 ・ 施設代表からのお礼の言葉

 

【参考1:モニュメント(記念像)について】

1 モニュメント(記念像)について

(1) 名称

   「本を読む子ども」像

(2) 銘文  

 この「本を読む子ども」像は,すべての子どもたちが生まれ育った環境に左右されることなく,いつまでも勉強を続けていけるよう,故山下達雄・亮子御夫婦が長年にわたり,京都市に寄附されたことを記念し,御遺族の御協力により制作されました。京都市にいただいた寄附金は,児童養護施設を退所した子どもたちの大学の修学費に役立てています。 

(3) モニュメント(記念像)の設置場所

 京都市総合教育センター 入口付近

 (京都市下京区河原町通松原上ル二丁目富永町344番地)

(4) モニュメント(記念像)の制作依頼先

 株式会社 石留石材(京都市中京区西堀川通御池上る池元町408-6)

 

【参考2:故山下達雄氏・亮子氏からの御寄付を活用した「児童養護施設等退所者修学費支給事業」について】

 本事業は,京都市社会福祉奨学基金の一基金であり,修学困難な生徒に対する奨学費として昭和57年に設置された山下奨学基金について,修学困難な生徒のために役立ててほしいとの御遺族の強い意思を受けて創設したものである。

 故山下達雄氏(平成10年逝去)は昭和53年から平成7年までの間,毎年御自身の誕生日(3月29日)に本市に対して寄付してこられ,同氏が亡くなられた後は,御令室の故山下亮子氏(平成27年逝去)がその御遺志を継いで,平成11年から平成27年にかけて御寄付をいただいていた。

1 目的  

 児童養護施設等を退所した者及び里親委託を解除された者が,大学及び専門学校等(以下「大学等」という。)に進学する場合に,以下の3点を目的として,経済的な支援を行うことにより,自立を支援する。

(1) 児童養護施設等を退所した者又は里親委託を解除された者で家族・親族等から援助を得られない者が進学を希望する  場合に,学費等の負担を軽減することにより,進学を後押しすること

(2) 優れた学習成績を修め,進学の意欲が高い児童養護施設等の退所者に学習の機会を整備すること

(3) 在学中も安定した給付を行うことで,修学後も経済的に困窮しないよう支援すること

 

2 対象者  

  以下の要件を満たす者

(1) 本市が所管する児童養護施設,児童心理治療施設,自立援助ホーム及び母子生活支援施設を退所した児童又は里親及びファミリーホームへの委託を解除された児童のうち京都市長が措置委託していた児童

(2) 家族,親族等からの経済的援助がなく,自ら生計を立てている者(ひとり暮らし(学校の寮に住む者を含む。)をしている者)

(3) 学習意欲があり,優れた学習成績を修める見込みがある者

(4) 施設長等が支援することを必要と認める者

 

3 事業内容 

  対象者に月2万円の修学費を支給する。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部子ども家庭支援課

電話:075-746-7625

ファックス:075-251-1133

フッターナビゲーション