スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

地域少子化対策重点推進交付金を活用した取組について

ページ番号250836

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年4月10日

地域少子化対策重点推進交付金を活用し,次世代はぐくみプロジェクト事業に取り組みます

 京都市では,「まち・ひと・しごと・こころ京都創生」総合戦略において,「人々の希望がかなう社会」の構築を目指し,若い世代を中心とした就労,結婚,出産・子育ての希望の実現に全力で取り組んでいます。
 温かい社会づくり・機運の醸成に係る事業として,「次世代のはぐくみと妊娠前から出産・育児まで切れ目のない支援」を位置づけており,思春期保健対策の強化に係る支援の一つとして,内閣府の地域少子化対策重点推進交付金を活用し,引き続き,下記の事業に取り組みます。

1 次世代はぐくみプロジェクト事業の概要

(1)目的

 近い将来に親としての役割を担うことになる思春期の子ども達が心身共に健やかに成長し,豊かな父性・母性を育むと共に,妊娠・出産・育児について理解を深めることにより,心身ともに健やかに成長し,社会全体で妊娠・出産・育児を支える一員としての意識を育めるよう取組を進めます。

(2)事業内容

【体験型思春期健康教育の推進】

 市内の中学校及び高等学校(総合支援学校を含む。)に在籍する生徒が将来希望するライフデザインを実現できるよう,妊娠・出産・子育てや,生命尊重,性に関する医学的,科学的に正しい知識について,関係機関等と連携し,学校等において,体験型の健康教育を実施します。

思春期保健対策ネットワークづくり】

 学校保健・医療機関・地域保健等の関係機関が,連携により思春期保健対策を効果的に推進できるよう,ネットワークを構築し,地域が一体となって思春期の子どもたちを健全に育成する環境づくりに取り組みます。

平成30年度地域少子化対策重点推進事業(平成30年度第2次補正予算)実施計画書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部子ども家庭支援課

電話:075-746-7625

ファックス:075-251-1133

フッターナビゲーション