スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「京都市青少年活動センター」の指定管理者の候補となる団体の選定結果について

ページ番号247191

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月12日

広報資料

平成31年2月1日

子ども若者はぐくみ局(子ども若者未来部育成推進課 電話:748-0016)

 京都市では,「京都市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例」に基づき,「京都市青少年活動センター」(平成31年4月1日管理開始予定)の指定管理者の候補となる団体(以下「指定候補者」という。)について,公募を行い,学識経験者等で構成する京都市子ども若者はぐくみ局指定管理者選定委員会における意見聴取の結果,下記のとおり選定しましたのでお知らせします。

 なお,選定された指定候補者については,指定候補者を指定管理者とする議案を平成31年2月市会に提案し,可決された場合には,指定期間開始時から本施設の運営に当たることとなります。

 

1 施設概要

 次の7箇所を一括して選定
施設概要

施設名称

所在地

施設規模等

北青少年活動センター

北区紫野西御所田町56番地

北区総合庁舎西庁舎内

鉄筋コンクリート造4階建の3階及び4階部分

958㎡

中京青少年活動センター

(※平成31年度から「中央青少年活動センター」へ変更)

中京区東洞院通六角下る御射山町262番地

鉄筋鉄骨コンクリート造地下2階地上4階建の地下1階の一部分及び3階部分

1,870㎡

東山青少年活動センター

東山区清水五丁目130番地の6

東山区総合庁舎内

鉄筋鉄骨コンクリート造地下2階地上4階建の2階及び3階部分の一部分

1,038㎡

山科青少年活動センター

山科区竹鼻四丁野町42番地

鉄筋コンクリート造2階建

741㎡

下京青少年活動センター

下京区川端町13番地

鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地下1階地上4階建ての地下1階の一部分,1階及び2階の一部分

3,078㎡

南青少年活動センター

南区西九条南田町72番地

鉄筋コンクリート造2階建

847㎡

伏見青少年活動センター

伏見区鷹匠町39番地の2

伏見区総合庁舎内

鉄筋コンクリート造4階建の3階及び4階部分の一部分

1,451㎡

2 指定候補者

(1)法人及び代表者

   公益財団法人京都市ユースサービス協会

   理事長 安保 千秋

(2)主たる事務所の所在地

   中京区東洞院通六角下る御射山町262番地

 

3 指定期間

 平成31年4月1日~平成35年3月31日

4 公募の概況

(1)応募団体名

  公益財団法人京都市ユースサービス協会(非競合)

(2)募集日程

募集日程

平成30年11月14日(水曜日)~12月14日(金曜日)

募集要項等の配布

11月14日(水曜日)~11月26日(月曜日)

質疑の受付期間

11月27日(火曜日)~12月 7日(金曜日)

質疑の回答

12月10日(月曜日)~12月14日(金曜日)

申請書類の受付期間

12月17日(月曜日)~12月26日(水曜日)

審査書類の点検,選定委員による書類審査

5 選定委員会委員(五十音順,敬称略)

選定委員会委員(五十音順,敬称略)

氏名

役職等

部会長

大束 貢生

大学准教授

委員

有田 耕介

税理士

井上 菜緒子

市民公募委員

後藤 茂典

報道関係

6 選定の概況

 「平成30年度京都市青少年活動センター指定管理者募集要項」に基づき,応募団体を評価し,指定候補者としてふさわしいと評価されたため選定したものです。

(1)選定理由について

 京都市子ども若者はぐくみ局指定管理者選定委員会において,応募団体の運営実績,応募施設の運営理念,事業計画,施設運営体制,経営管理計画,危機・安全管理等の審査基準に基づいて総合的に評価し,選考を行いました。その結果,次の理由により指定候補者とするにふさわしい団体であると評価されました。

【選定委員会による評価】

ア 運営実績

・ 指定候補者は,設立以来,「ユースサービス」の理念に基づき,青少年の自己成長を支援するための事業や,困難を有する青少年を支援する事業を展開してきた豊富な実績があります。

・ 青少年活動センターの年間利用者数については,現指定期間中である平成28年度に過去最多となる51万人を超え,翌年度は,さらに利用者数を延ばしており,堅調に運営している実績も評価できます。

・ 団体の管理運営体制については,監査指摘状況やコンプライアンスの推進に一部不十分な点が見受けられましたが,適切な対応がとられています。今後,研修等の充実に期待します。また,利用者の事故,苦情は丁寧に対応し,解決されているほか,独自に外部評価を実施している点は評価できます。

イ 事業計画

・ 運営実績に基づいて,詳細に個別具体的に記載されており,十分に事業効果が見込めると考えられます。今後は,より広範な青少年を支援するため,これまで以上に,地域,学校,企業等との連携を強め,より優れた事業の展開を期待します。

・ 事故や災害,感染症等のマニュアルが整備され,充実した訓練活動も計画されており,評価できます。さらに,施設内における修繕が必要な箇所,汚れている箇所がないかなどを毎日2回点検し,利用者に安心安全で気持ち良く利用いただけるよう徹底していることも評価できます。

・ 次期指定期間から,中央青少年活動センターと各分館という組織構造に変わることを受け,学習支援,相談支援も含めた相関図,役割が明確になっており評価できます。

・ 職員の働くモチベーションが高く,論文発表など研究の成果が公表できている点が評価できます。今後は,これらの取組がより良くなるように研鑽に励み,その努力が評価される仕組みを構築し,広く周知されることを期待します。

ウ 総括

 以上により,運営実績と事業計画を総合的に評価し,公益財団法人京都市ユースサービス協会を指定候補者に選定しています。

【サービス向上に関する選定委員会からの意見】

・ 青少年活動センターの認知度を上げるため,センターの存在を知っていただく取組や広報がさらに必要だと考えます。WEBサイトやSNSに工夫を加えるとともに,これら以外にも有効性のある広報を期待します。

・ 青少年の多様な活動を一層推進していくためには,学校,青少年団体,地域,企業等との連携がこれまで以上に求められます。連携にあたっては,双方にとってメリットが生まれる事業を企画・提案することが重要です。また,事業をより効果的に実施していくため,組織対組織による連携・協働も必要だと考えます。

(2)審査結果一覧

 審査結果については以下のとおりです。

審査結果(京都市青少年活動センター)

審査項目

配点

応募団体

大項目

中項目

公益財団法人

京都市ユースサービス協会

運営実績

(申請団体の状況)

1 団体の運営実績及び組織内連携

10

10.00  

2 団体の運営管理体制

26

18.50

小計

36

28.50

事業計画

(応募施設の状況)

1 応募施設の運営理念

14

12.50

2 応募施設の事業計画

20

16.75

3 応募施設の施設運営体制

12

11.00

4 応募施設の経営管理計画

14

13.75

5 応募施設の危機・安全管理

10

9.75

6 上記以外で特にPRしたい内容

小計

70

63.75

価格点

(10×最低価格/当該申請団体提示価格)

10

10.00

合計

116

102.25

3%加算後

(市内中小企業及び市内に本拠を置く団体)

105.32

合計得点

(百分率表示,小数点第2位を四捨五入)

100

90.8

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部育成推進課

電話:管理担当,企画担当,健全育成担当 075-746-7610, 放課後まなび教室担当,青少年・若者担当 075-748-0016

ファックス:075-251-2322

フッターナビゲーション