スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】児童館等における大学生等職業体験の実施に向けた児童館学童連盟,京都造形芸術大学,京都橘大学,京都市の4者による連携協定締結式について

ページ番号246552

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年1月16日

広報資料

平成31年1月16日

子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部育成推進課(電話:746-7610)

 京都市では,公益社団法人京都市児童館学童連盟(以下,「児童館学童連盟」という。)と連携し,就職フェアへの参加や本市独自の処遇改善など,質の高い職員の確保に向け,様々な取組を進めてまいりました。

 この度,「子どもに関わる仕事がしたい」,「児童館で働きたい」といった意欲を持った学生を今まで以上に増やしていくことを目指し,「児童館等における大学生等職業体験事業」に取り組むため,児童館学童連盟,京都造形芸術大学,京都橘大学及び本市の4者で連携協定を締結しますので,お知らせします。

 なお,児童館学童連盟においては,厚生労働省から許可を受け,児童館等への就職をあっせんする「無料職業紹介事業」を平成31年1月21日から開始しますので,併せてお知らせします。

1 連携協定締結式について

(1)締結内容

 児童館学童連盟,京都造形芸術大学,京都橘大学及び本市との間で,以下の内容の連携協定を締結します。

・ 児童館等において実施する職業体験事業への大学生の派遣

・ 学生ならではの発想や行動力を活かした児童の健全育成活動全体の活性化

・ 大学生等の知識・技術の向上,人材育成 等

(2)締結式

 ア 日時

   平成31年1月21日(月曜日)午前10時30分~午前11時

 イ 場所

   京都市役所本庁舎 3階 第一応接室

 ウ 次第

  ・各代表者挨拶

  ・協定締結(協定書への署名)

  ・京都市長から御礼の言葉

  ・記念撮影

 エ 出席者

   山手 重信 児童館学童連盟 会長

   尾池 和夫 京都造形芸術大学 学長

   細川 涼一 京都橘大学 学長

   門川 大作 京都市長

(3)その他

 締結式では,児童館等への就職をあっせんする「無料職業紹介事業」を実施する機関である「無料職業紹介 児童館人材マッチングセンター」の設立について,児童館学童連盟から発表いただきます。

2 児童館等における大学生等職業体験事業について

(1)事業趣旨

 「子ども・若者」を支える主体である大学・施設・行政のそれぞれの強みを活かし,学生の学びの充実や,学生と関わる子どもたちの育ち・学びを支える取組を進めてまいります。

 【事業効果イメージ】

 ・ 職業体験を通じた児童館の認知度の向上

 ・ 「児童館で働きたい」といった学生をはじめとした多様な担い手の確保

 ・ 児童福祉や教育現場への就職を志す学生の生きた学習の場の提供

 ・ 学生ならではの発想や行動力による事業の活性化

(2)事業内容

 学生を児童館等に派遣し,施設職員と同様の業務を行うことを想定した,職務実践型の職業体験事業を実施します。

 なお,職業体験事業では,施設での勤務に加えて,事前研修や活動の振り返り等の機会を設け,参加した学生の学びにつながるプログラム(※)を実施します。

 ※ 詳細なプログラム内容については,今後,協定を締結する2大学と綿密な協議を重ねて決定します。

 ア それぞれの役割

   児童館学童連盟:事業の実施主体として,プログラムを実行(学生の受付や相談窓口,受入れ施設の選定)

   児童館等:学生の受入れ(業務の指導や育成計画の作成)

   大学:学生への広報,保険等の手配,単位認定の手続き

   京都市:本事業全体への助言や調整支援

 イ 対象

  大学・短期大学・専門学校・大学院に在学する18歳以上の学生を対象とし,事業開始当初は,協定を締結する2大学の学生に重点的に周知していきます。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部育成推進課

電話:管理担当,企画担当,健全育成担当 075-746-7610, 放課後まなび教室担当,青少年・若者担当 075-748-0016

ファックス:075-251-2322

フッターナビゲーション