スマートフォン表示用の情報をスキップ

はたちプロジェクト

ページ番号58341

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年2月4日

 市民みんなで祝う京都らしい「成人の日」のあり方を検討するために発足した 「成人の日をみんなで祝う検討委員会」 からの提言を受け,市民の皆様とのパートナーシップのもと新成人自身が社会的責務や使命を自覚し,社会全体が青年の晴れの門出を祝い励ます気運をつくるための事業を推進しています。

 

1/2(にぶんのいち)成人式

 10歳を迎える小学4年生がこれまでの自分を振り返り,自分の将来について考えるきっかけとなるような取組として「1/2成人式」を学校単位で実施しています。 

保護者や地域の方を招いての発表会の実施

 参観授業などで,保護者や地域の方を招いての「1/2成人式」を実施し,児童が自身の10年間の思い出や将来の夢などについて発表します。

10年後の自分へのメッセージ

 児童が10年後の自分に向けて書いたメッセージを10年間保存する取組を行っています。児童が成人を迎えたときに返却し,自身と京都市の歩んできた歴史を振り返り,未来の京都の歴史を築き上げる「おとな」としての自覚を深めることを目指しています。

京都市はたちを祝う記念式典への参加

 10年後の自分の姿を想像し,これからの生き方について考えてもらうきっかけにするため,子どもたちが本物の式典運営を手伝い,式典に参加します。本年度の式典当日には,市内小学校4年生の児童とその保護者26名が受付を行い,式典に参加しました。

小学4年生児童による受付

小学4年生児童による受付

思い出成人式 ~これまで成人式に出席できなかった方へ~

 仕事や家庭の事情など様々な理由で成人式に出席できなかった方で,改めて「大人のけじめ」として参加したい方を「京都市はたちを祝う記念式典」へ招待し,新成人と一緒に式典に臨んでいただきます。本年度は,2名の方が式典に参加しました。

はたちの集いコーナー/母校・恩師からのメッセージ

 「京都市はたちを祝う記念式典」の第2会場(みやこめっせ1階)で,式典終了後,懐かしい旧友と再会するきっかけの場所として,出身中学校ごとに集うコーナーを設置しました。
 また,各中学校ごとに,母校・恩師からのメッセージも掲載しました。(全109校)
はたちの集いコーナー

はたちの集いコーナー

母校・恩師からのメッセージ

はたちの集いコーナー

地域ぐるみで祝う祝う成人の日

 京都市全域で精力的に地域活動を行っている団体等と協力し,地域で育んできた新成人の新しい門出を祝い励ますための,地域独自での取組を推進しています。

「おめでとう・ありがとう」の手紙

 新成人と御家族など親しい方々との双方向の手紙を募集しました。日頃言えずにいる感謝の気持ちなどを手紙に綴ることで,家族の絆を深め,お祝いの気運を高めることを目的としています。
  

 心温まる手紙が,今年も届きました。どれもが,温かい気持ちが込められた素晴らしい作品ですが,その中から特に心動かされた作品を紹介します。

作品紹介

おめでとう部門(2作品)

「成人式を迎える我が息子   颯へ」

成人おめでとうございます。

子育て中は20歳までまだまだ,そしていつまでも一緒にあなたと暮らせると思っていたのですが,そんなことはないのですね。

高校卒業と同時に社会人になり一人暮らしすることになるなんて予想もしていませんでした。

なので,もっともっと大切に日々を過ごせば良かったという思いが本音です。

お母さんなりに子育ては一生懸命にやってきたつもりだけどお母さんも未熟であなたと一緒に成長させて貰った20年間でした。

親になったからこそ見える景色は今は懐かしく嬉しい思い出で,町で見かける子供をあなたの小さかった頃と重ねて,お父さんと懐かしんでいます。

私の子育てに沢山の方が関わってくださった。あなた自身も沢山のいい先生との出会いで色んな考えが出来たと思います。

今のあなたがあるのは自分一人だけの力ではないことを心に置いて,今しかできないことを一生懸命チャレンジし人生を楽しんで下さい。

そして,身体に気をつけてね。

お父さん,お母さんはこれからは一歩ひいてあなたを見守っていきます。

 

                                                      母  由美子より

 

「玲へ」 (妹から姉へ)

 

ハタチのお誕生日おめでとう。

玲がもう二十歳だなんて実感が全く湧きません(笑)

なんなら瑛よりも年下でもいけそうだよ(笑)

でも中身は瑛よりもずっと大人でしっかりしていて,いつも的確にアドバイスをくれる玲。

玲が瑛のお姉ちゃんに生まれてくれてよかったと思います。

きっと玲がお姉ちゃんでなければ,こんなに仲の良い姉妹ではなかったと思うから。

頼りないかもしれないけれど,つらいときはつらい,しんどいときはしんどいと話してほしい。

玲がどんなときでも話を聞いてくれるように,そばで1番に応援してあげられる存在になりたいです。

どんな未来を歩むのか,どんな選択をするのか,まだわからないけれど,どんな形でも仲良い姉妹でいようね。

ハタチが20代の素晴らしい始まりになりますように。

たくさんお出かけして,たくさん写真を撮って,たくさんおいしいものを食べて,たくさん思い出をつくろうね。

どれだけ歳を重ねても,どれだけ離れていても,1番そばにいられたらいいな。

これからも玲らしく,一生懸命で,そして変なひとであり続けてください。

どんな姿でも,妹からみるお姉ちゃんは1番の憧れであることに変わりはないから。

先に生まれたキミへ。いつもありがとう。

そして,改めてハタチの門出,おめでとうございます。

 

 

 

お問合せ先

京都市子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部

育成推進課 青少年・若者担当

電話:(075)748-0016

FAX:(075)251-2322

関連コンテンツ

はたちプロジェクト

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部育成推進課

電話:管理担当,企画担当,健全育成担当 075-746-7610, 放課後まなび教室担当,青少年・若者担当 075-748-0016

ファックス:075-251-2322

フッターナビゲーション