スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】(お知らせ)京都府まん延防止等重点措置に伴う本市所管施設の閉鎖時間帯における利用予約のキャンセル対応について

ページ番号283356

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年4月12日

お知らせ

令和3年4月12日

行財政局財政室(電話:075-222-3293)

内容

標記の件について,下記のとおり取り扱うこととします。

1 対象となる条件について

(1) 京都府まん延防止等重点措置期間(4月12日~5月5日)において,施設閉鎖時間帯を含む利用区分の利用予約を

   キャンセルする場合

   ※利用日変更,延期などキャンセルによらない対応ができる場合を除く

(2) 令和3年4月12日(月曜日)時点で当該利用予約が成立している場合

   ※ただし,京都府がまん延防止等重点措置区域指定の要請を発表した

    令和3年4月9日(金曜日)~令和3年4月11日(日曜日)にキャンセルされた場合を含む

2 上記1の全ての条件を満たす場合の使用料又は利用料金の取扱いについて

既に公の施設の使用料又は利用料金が納入されている場合は全額還付します。また,未納の場合は納入を求めません。

3 キャンセル受付期間について 

京都府まん延防止等重点措置が期間途中で解除された場合,その時点で全額還付を前提としたキャンセルの受付を終了します。

4 その他

注1 「施設閉鎖時間帯を含む利用区分の利用予約」において,施設が閉鎖されていない時間帯の利用が行われる場合,還付は行えません。

注2 「施設閉鎖時間帯を含む利用区分の利用予約」がキャンセルとなることに伴い,他区分の利用予約に関しても当該利用目的が達成できなくなる場合,他区分の利用予約についても全額還付します。

  

  ※ 詳しくは,各施設にお問い合わせください。

お知らせ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局財政室

電話:075-222-3288

ファックス:075-222-3283

フッターナビゲーション