スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

税務組織の見直しに伴う税務窓口の廃止及び臨時窓口の開設について

ページ番号267625

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年8月1日

税務組織の見直しに伴う税務窓口の廃止及び臨時窓口の開設について

税務組織の見直しに伴い,令和2年3月末をもって区役所・支所内の税務窓口を廃止しました。令和2年4月以降,納税通知書発送後など一定時期には,区役所・支所内に臨時窓口を開設します。

~税務組織の見直しについて~

京都市では,これまで培った知識やノウハウの共有,蓄積を進めることによる税務職員の専門性の向上を図るとともに,「はばたけ未来へ! 京プラン」実施計画第2ステージに掲げた「税務事務の更なる効率的な執行体制の確立」を実現するため,段階的に業務を集約・再編してまいりました。効率的な事務の執行体制を構築することにより,職員の専門性の更なる向上を図るとともに,事務運営経費の低減,ひいては広く市民サービスの向上につなげてまいります。

1 税務窓口の廃止

令和2年3月末をもって区役所・支所内の税務窓口を廃止しました。

令和2年4月以降の市税の窓口について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2 臨時窓口の開設

2~3月の市民税申告時期,4月の固定資産税納税通知書発送後,6月の市民税納税通知書発送後については,区役所・支所内に臨時窓口を開設するとともに,4月及び6月の臨時窓口では,課税内容の説明等に加え納税相談にも対応します。また,5月の軽自動車税納税通知書発送後も,各区役所・支所内での減免申請の受付に対応するため,民間活力を導入し,臨時窓口を開設します。

お問い合わせ先

京都市 行財政局税務部税制課

〒604-8171 京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町566番地の1 井門明治安田生命ビル6階

電話:(管理担当,税制担当,税務推進担当,効率化担当)075-213-5200,(宿泊税担当)075-708-5016

ファックス:075-213-5220

フッターナビゲーション