スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が困難な方へ

ページ番号266807

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年3月23日

新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が困難な方へ

 

 新型コロナウイルス感染症の影響により,以下のような市税の納付が困難な場合は,法令及び
条例に基づき,納税が猶予される場合がありますので,下記市税事務所納税担当に御相談くだ
さい。(徴収猶予:地方税法第15条,換価の猶予:同法第15条の5,第15条の6)
影響の具体例

・ 新型コロナウイルス感染症の患者が発生した施設で消毒作業が行われたため,備品(例:電化製品)が壊れて使用できなくなった又は棚卸資産(例:食材)を廃棄した場合

・ 納税者又はその生計を一にする親族が新型コロナウイルス感染症にり患した場合

・ 新型コロナウイルス感染症の影響により,予約キャンセルが相次いだため,事業を休廃止した場合

・ 新型コロナウイルス感染症の影響で,予約キャンセルが相次いだ,給食の食材を廃棄した等の理由により,事業に著しい損失が生じた場合

新型コロナウイルス感染症に関する猶予の御案内

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
※ 御提出いただく書類等の手続については,御事情や状況により異なりますので,御相談いただ
 いた際に御説明いたします。
市税事務所納税担当窓口
担当名担当地域電話番号
<市外局番075>
納税第1担当北区222-3441
上京区222-3442
納税第2担当左京区222-3446
中京区222-3453
納税第3担当右京区222-3454
西京区222-3455
西京区洛西222-3456
納税第4担当東山区222-3457
下京区222-3458
南区222-3459
納税第5担当伏見区222-3460
伏見区深草222-3461
納税第6担当山科区222-3462
伏見区醍醐222-3463
納税推進担当213-5468

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局市税事務所納税室 収納対策担当

電話:075-222-4103

ファックス:075-222-3439

フッターナビゲーション