スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】三菱UFJニコス株式会社が提供する「ポイント交換プログラム」を活用した寄付について

ページ番号261075

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年12月19日

広報資料

令和元年12月19日

行財政局財政部財政課 075-222-3290

 令和2年4月から,三菱UFJニコス株式会社(以下,三菱UFJニコス)がクレジットカード会員向けに提供する「ポイント交換プログラム」にて,クレジットカードの利用金額に応じてたまるポイントを,「京都市への寄付」として交換できることになりましたので,お知らせ致します。

 いただいた寄付金については,「二条城本格修理事業(二条城一口城主募金)」及び「伝統産業の将来を担う後継者育成事業」に活用致します。

 

1 ポイント交換プログラムの概要

 令和2年4月から,「MUFGカード」・「DCカード」・「NICOSカード」の,利用金額に応じてたまるポイントを,「京都市への寄付」として交換できます。

 ポイントの交換は,三菱UFJニコスが提供するポイント交換ウェブサイトにて,200ポイント単位(1ポイント5円に換算)で受け付けし,受付ポイントに応じ,三菱UFJニコスから京都市へ寄付金が支払われます。

 三菱UFJニコスが提供するポイントプログラムについては,(https://www.cr.mufg.jp外部サイトへリンクします)にて御確認いただけます。

 

<参考> 三菱UFJニコスのクレジットカードについて

・   三菱UFJニコスは「MUFGカード」・「DCカード」・「NICOSカード」といった商品群で広範にクレジットカード発行事業を展開しています。

・   クレジットカードの利用1,000円で1ポイントが付与され,累積したポイントは200ポイントから様々な商品や寄付に交換できます。

  ※ 三菱UFJニコスのFC社が発行するクレジットカードも含みます。

  ※ ポイントプログラムの対象とならないカードもあります。

 

2 活用事業

 寄付金については,「二条城本格修理事業(二条城一口城主募金)」及び「伝統産業の将来を担う後継者育成事業」に活用致します。

 

 

  (1)二条城本格修理事業(二条城一口城主募金)

 京都市では,我が国の歴史の舞台となってきた世界遺産・二条城(1603年築城)を次代へ保存・継承していくため,20年間,100億円を超える規模の事業費を要する築城以来の本格修理事業に取り組んでいます。

 大政奉還の舞台となった国宝・二の丸御殿をはじめ,400年前から存在する貴重な文化財建造物等の本格修理事業に寄付金を活用します。

  https://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/donation/info/外部サイトへリンクします

 

 

(2)伝統産業の将来を担う後継者育成事業

  ● 京都市伝統産業技術後継者育成制度

  伝統産業の将来を担う後継者を育成するため,若手職人を対象に技術研鑽の資金として育成資金を支給します。

     https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000127842.html

 

 

 ● 京ものユースコンペティション 

  現代のライフスタイルに適した「京もの」の作品コンペを通じて,伝統産業に携わる若手人材を支援します。

      https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000154393.html

 

※寄付金は,(1),(2)の事業に2分の1ずつ活用されます(寄付の充当事業は選択いただけません)。

三菱UFJニコス株式会社が提供する「ポイント交換プログラム」を活用した寄付について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局財政部財政課

電話:075-222-3288

ファックス:075-222-3283

フッターナビゲーション