スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】移転整備プレ事業 教室のフィロソフィーVol.12桐月沙樹個展「凹凸(おうとつ)に凸凹(でこぼこ)-絵が始まる地点と重なる運動-」の開催について

ページ番号258297

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年10月11日

広報資料

令和元年10月1日

公立大学法人京都市立芸術大学 総務広報課(334‐2200)

取次:行財政局総務部総務課(222‐3045)

移転整備プレ事業 教室のフィロソフィーVol.12桐月沙樹個展「凹凸(おうとつ)に凸凹(でこぼこ)-絵が始まる地点と重なる運動-」の開催について

※10月12日午後5時から開催を予定していました,オープニングレセプションについては,台風19号のため,10月19日午後5時に延期となります。

 京都市立芸術大学では,2023年度に予定している京都駅東部への移転を見据え,移転の機運を高めるとともに,地域との交流を深めていくため,移転整備プレ事業を展開しています。

 その一つとして,移転予定地に所在する元崇仁小学校の職員室を,新たな展示空間として整備した「ギャラリー崇仁」において,若手作家を支援するプロジェクト「教室のフィロソフィー」に取り組んでいます。

 このプロジェクトでは,本学を卒業あるいは大学院を修了した若手作家の作品を,小学校解体までの期間,連続して紹介していきます。

 第12回目となる今回は,本学大学院美術研究科修士課程絵画専攻(版画)修了生桐月沙樹氏の個展を開催します。

                          記

1 日時

  令和元年10月12日~10月27日

  正午~午後5時まで/土・日・祝は午後7時まで

  ※10月17日,21日,24日は休廊

2 場所

  ギャラリー崇仁(下京区川端町16(元京都市立崇仁小学校内))

3 内容

  桐月沙樹個展「凹凸に凸凹-絵が始まる地点と重なる運動-」

  <本学大学院美術研究科修士課程絵画専攻(版画)修了生桐月沙樹氏

  による版画作品の展示>

4 その他

  オープニングレセプション 10月19日午後5時から

  数見亮平,桐月沙樹,松尾信太郎による音楽ユニット“Vivian Sui Method”による催しなど,レセプションパーティーを開催します。

5 問合せ先

  京都市立芸術大学事務局総務広報課

  〔電話〕075-334-2200 〔FAX〕 075-332-0709 〔E-mail〕sks@kcua.ac.jp

移転整備プレ事業 教室のフィロソフィーVol.12桐月沙樹個展「凹凸(おうとつ)に凸凹(でこぼこ)-絵が始まる地点と重なる運動-」の開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局総務部総務課

電話:075-222-3045

ファックス:075-222-3838

フッターナビゲーション