スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】【広報発表】市民等提案制度による元福祉対策用地(東九条南河原町)の有効活用事業者選定結果について

ページ番号257694

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年9月20日

広報発表

令和元年9月20日

行財政局(資産活用推進室 電話:222-3284),総合企画局(プロジェクト推進室 電話:222-4178),保健福祉局(生活福祉部生活福祉課 電話:251-1175)

市民等提案制度による元福祉対策用地(東九条南河原町)の有効活用事業者選定結果について

 今般,市有資産の有効活用に関する提案を常時受け付ける「京都市資産有効活用市民等提案制度」に基づき,「元福祉対策用地(東九条南河原町)」について,公募型プロポーザル方式により,有効活用事業者の選定手続を進めてまいりました。

 この度,「京都市市民等提案制度による市有地有効活用事業者選定委員会」(以下「選定委員会」という。)の審査を経て,下記のとおり有効活用事業者を選定しましたので,お知らせします。

1 有効活用事業者の名称及び主な提案内容

⑴   名称

    ALT Project

   (西村孝平,株式会社八清及び株式会社kumagusukuの3者による共同申込み。代表は西村孝平が務める。)

⑵   主な提案内容

   アートホテルを軸とした3F建てのアート複合施設(工房,カフェ等併設)

⑶   買受希望価格

   67,880,000円(予定価格67,020,000円)

2 選定委員会の審査結果

⑴   審査結果

    応募者はALT Projectのみであり,買受希望価格が予定価格以上で,かつ,審査の結果,73.7点を獲得したため,有効活用事業者として選定した。

   (「元福祉対策用地(東九条南河原町)の有効活用事業者の選定に係る募集要項」に定める審査項目及び審査基準に基づき,本市が事前に定める予定価格(6,702万円)以上で,かつ,最高の得点(ただし60点以上)を獲得した事業者を有効活用事業者とすることとしている。)

⑵   主な講評

  ・京都駅東南部エリア活性化方針に合致する先行的な事例として期待できる。

  ・事業実績があり,内容がしっかり構築されている。

  ・今回の事業単体だけでなく,今後の波及効果に期待したい。

  ・地域貢献について,更なる工夫が必要。

  ・提案された内容の遵守を求めたい。

3 今後の予定

    令和元年9月下旬以降 契約締結,売買代金納入,所有権移転等の登記

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

行財政局 資産活用推進室 資産有効活用担当
電話:075-222-3284
ファックス:075-212-9253

フッターナビゲーション