スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】~改めて「工芸」と向き合う工芸出身の若手作家による展覧会~大谷史乃・長町那美・前田菜月「人工的品」の開催について

ページ番号240177

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年7月13日

広報資料

平成30年7月13日

公立大学法人京都市立芸術大学 総務広報課(334‐2200)

取次:行財政局総務部総務課(222‐3045)

~改めて「工芸」と向き合う工芸出身の若手作家による展覧会~大谷史乃・長町那美・前田菜月「人工的品」の開催について

 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)では, 本学大学院修士課程工芸専攻出身の大谷史乃・長町那美・前田菜月3名による展覧会「人工的品」を下記のとおり開催します。

 在学中から現在の“工芸”という枠組みの中で作品を制作することに対して,疑問や問題意識を抱えながら制作を続けてきた3名の作家が,本学を修了して数年経ち改めて 工芸と向き合い,制作・展示を行います。

 皆様の御来場をお待ちしています。

 

                  記

 

1 日時  平成30年8月25日~9月2日  午前11時~午後7時(月曜休館)

2 場所

 京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA(アクア)

  (地下鉄東西線「二条城前」駅2番出入口を南にすぐ)

 ※入場無料

3 主  催  京都市立芸術大学

4 問合せ先  

 京都市立芸術大学連携推進課(附属施設担当)

   〔電話〕 075-334-2231 ※午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)

   〔FAX〕   075-333-8533

 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

   〔電話〕 075-253-1509 ※午前11時~午後7時(月曜休館)

   〔FAX〕   075-253-1510

~改めて「工芸」と向き合う工芸出身の若手作家による展覧会~大谷史乃・長町那美・前田菜月「人工的品」の開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局総務部総務課

電話:075-222-3045

ファックス:075-222-3838

フッターナビゲーション