スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】平成30年度 原子力防災訓練(左京区久多地域)の実施について

ページ番号205896

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年10月19日

広報資料

平成30年10月19日

行財政局(防災危機管理室 電話212-6792)

左京区役所(地域力推進室 電話702-1021)

平成30年度 京都市原子力防災訓練(左京区久多地域)の実施について

 

 京都市のUPZ(緊急防護措置を準備する区域)のうち左京区久多地域において,地域で作成された避難マニュアルを活用し,下記のとおり情報伝達及び避難訓練等を実施しますので,お知らせします。 

 なお,左京区UPZでの原子力防災訓練は,平成24年度,26年度28年度に次いで4度目であり,平成29年度は右京区UPZ(京北地域)で実施しています。

 

広報資料 『平成30年度 京都市原子力防災訓練(左京区久多地域)の実施について』

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

1 実施日時及び訓練会場

(1)日時

 平成30年10月28日(日曜日)午前9時~11時30分

(2)会場

 ア 元久多小中学校体育館(左京区久多下の町203)

 イ 大黒谷キャンプ場(左京区久多下の町)

2 訓練内容

 訓練に参加する住民が避難マニュアルに定めた電話連絡網を用いて避難する旨の情報を伝達し,互いに助け合いながら,避難時集合場所へ避難し,汚染検査(スクリーニング),健康調査,安定ヨウ素剤(飴)の配付を受けるまでの流れを実地に行う。その後,今年度整備予定の屋外スピーカー・防災ラジオの説明や放射線や原子力防災に関する講演を開催する。また,大黒谷キャンプ場において,避難車両のスクリーニングを実施する。

3 参加者等

(1)地域住民

 ア 左京区久多地域の住民

 イ 自治振興会,自主防災会,消防分団

(2)本市

 ア 行財政局防災危機管理室

 イ 保健福祉局(医療衛生センター,医療衛生コーナー)

 ウ 左京区役所(地域力推進室,保健福祉センター,久多出張所)

 エ 消防局(左京消防署花背消防出張所)

 オ 京都市防災会議専門委員:大野和子委員(京都医療科学大学教授)ほか

(3)関係機関

 ・京都府下鴨警察署

4 天候悪化等による訓練中止について

訓練は,原則として,雨天決行とする。

ただし,以下の場合は訓練を中止する。

【訓練の当日(午前6時時点及び訓練中)】

 〇京都市に気象警報が発表された場合

 〇京都市内で震度4以上の地震を観測した場合

【訓練の前日(午後5時時点)】

 〇台風等により訓練当日に京都市に気象警報が発表される可能性が高いと判断される場合

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局防災危機管理室

電話:075-212-6792

ファックス:075-212-6790

フッターナビゲーション