スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

固定資産に係る縦覧帳簿の縦覧について

ページ番号163315

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年3月16日

固定資産に係る縦覧帳簿の縦覧について

概要

 縦覧とは,固定資産税(土地又は家屋)の納税者の方が,自己の資産と他の資産の価格を比較できるようにするため,当該資産と同一区内にあるすべての土地又は家屋の価格等を記載した縦覧帳簿をご覧いただく制度です。「土地価格等縦覧帳簿」については土地に係る納税者の方が,「家屋価格等縦覧帳簿」については家屋に係る納税者の方が,それぞれその所有する資産が所在する区・支所の縦覧帳簿に限り,ご覧いただけます(償却資産については,縦覧の対象ではありません。)。

令和2年度の縦覧の日程及び縦覧できる方等について
縦覧日時

令和2年4月1日~4月30日(土曜・日曜・休日を除く)
午前8時30分~午後5時

縦覧できる帳簿課税されている土地(家屋)が所在する区・支所管内の土地価格等縦覧帳簿(家屋価格等縦覧帳簿)
縦覧できる方当該区の固定資産税の納税者,相続人(戸籍謄本等の確認書類が必要),納税管理人,代理人(委任状が必要)(土地の納税者は「土地価格等縦覧帳簿」,家屋の納税者は「家屋価格等縦覧帳簿」を縦覧することができます。)
縦覧できる場所市税事務所固定資産税室又は各区役所・支所内の臨時窓口(当該区役所・支所に所在する資産のみが縦覧対象)
必要書類納税通知書(ない場合は,運転免許証・健康保険証などご本人であることを確認できる書類)をお持ちください。
※ 法人の場合は,請求の際に代表者印の押印が必要です。
手数料無料。なお,縦覧期間内に縦覧対象者が固定資産課税台帳を閲覧した場合も無料です。
審査申出期間固定資産課税台帳に登録された価格に不服がある場合は,4月1日から納税通知書を受け取られた日後3カ月までの間に,固定資産評価審査委員会へ審査の申出をすることができます。(受付窓口は,市税事務所固定資産税室各担当です。)

そのほか課税内容の確認方法について

 縦覧されない場合であっても,ご自分の資産に対して課税されている内容は,納税通知書に添付している課税明細書によりご確認いただけます。課税明細書には,課税の対象となった資産の「価格」や「課税標準額」のほか,「資産ごとの税相当額」などが記載されています。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局税務部資産税課

〒604-8171 京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町566番地の1 井門明治安田生命ビル5階

電話:075-213-5210

ファックス:075-213-5301

フッターナビゲーション