スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市伏見区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「ふしみ人権の集い2022 学習会」の開催について

ページ番号300307

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年6月30日

広報資料

令和4年6月30日

ふしみ人権の集い実行委員会(事務局:伏見区役所深草支所地域力推進室)

「ふしみ人権の集い2022 学習会」の開催について

 「ふしみ人権の集い」は,人権文化の更なる向上を図るため,区民の皆様をはじめ,伏見区の企業,各種団体,教育機関,行政が手を携えて,地域,家庭,職場,学校といった日々の生活の中から「人権文化」を創造していこうとする取組です。

 水平社創立から100年,当時の人々の願いは達成できたのか。そもそも人々は,どのような思いを水平社宣言に込めたのか。この度,水平社研究の第一人者である朝治武さんをお招きし,学習会を下記のとおり実施しますので,お知らせします。

                                   記

 1 日時   令和4年7月30日(土曜日)午後1時30分~午後4時(開場:午後1時)

 2 場所   伏見区総合庁舎1階ホール(京都市伏見区鷹匠町39-2)

 3 テーマ   水平社創立100年,青年たちの願いは達成されたのか

         ~改めて水平社宣言を読む~

 4 講師   朝治 武さん(大阪人権博物館 館長)

 5 内容   1922年3月3日,京都岡崎の地で,部落差別からの解放を求めて全国各地から集まった

          1,000人もの人々によって,「水平社創立大会」が開催されました。

          その時,決意と願いを込めて発せられた「水平社宣言」は,日本初の人権宣言と世界中から

          高く評価されています。それから100年,当時の人々の願いは達成できたのでしょうか。

          そもそも人々は,どのような思いをこの宣言に込めたのでしょうか。

          水平社研究の第一人者である朝治武さんから,お話をお聞きし,改めて宣言を読み直し,

          私たちが受け継ぐべきことは何かを考えてみましょう!

 6 参加費  無料

 7 定員   120名(当日先着順)

 8 申込   不要 

         ※手話通訳・託児有。必要な方は当日,受付でお申し出ください。

 9 主催   ふしみ人権の集い実行委員会

          伏見区人権啓発推進協議会

 10 後援   京都市,京都市教育委員会,社会福祉法人京都市社会福祉協議会,

          社会福祉法人伏見区社会福祉協議会,社会福祉法人京都老人福祉協会

          社会福祉法人洛和福祉会

 11 協賛   京都教育大学,学校法人聖母女学院,京都文教大学,龍谷大学

 12 問合せ先 深草支所地域力推進室まちづくり推進担当

           (☎075-642-3203 FAX075-641-0672)

 13 その他  新型コロナウイルス感染症の影響に伴い,掲載している内容は変更になる場合があります。


広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 伏見区役所深草支所地域力推進室まちづくり推進担当

電話:075-642-3203

ファックス:075-641-0672