スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市伏見区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

Q&A市民窓口課

ページ番号258908

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年10月17日

住民票について

 

Q 伏見区から転居するが,どのような手続きが必要ですか?

A 京都市以外の市町村へ転出される場合は,転出届をしていただくことになります。転入先市町村へ転居後14日以内に,当課で発行する転出証明書を持って新住所地市町村へ転入届を行ってください。手続きには,印鑑と本人確認書類(例:運転免許証,保険証等)をお持ちください。同じ世帯以外の人が代理で手続きされる場合は委任状が必要です。転出届は郵送での手続きも行えます。
 京都市内の他区や伏見区の深草・醍醐支所及び神川・淀出張所管内へ転出される場合は,新住所地での転入手続きをしていただくだけでけっこうです(転出届は不要です)。 
 外国籍の方は,在留カードまたは特別永住者証明書(世帯全員のもの)をお持ちください。

Q 伏見区への転入手続はどのようにすればいいですか?

A 京都市以外の市町村から転入される場合は,前住所地発行の転出証明書と印鑑及び本人確認書類(例:運転免許証,保険証等)をお持ちください。京都市内の他区や伏見区の深草・醍醐支所及び神川・淀出張所管内から転入される場合は,印鑑及び本人確認ができるものをお持ちください。代理人に手続きを依頼される場合は委任状が必要です。
 外国籍の方は,在留カードまたは特別永住者証明書(世帯全員のもの)をお持ちください。

Q 住民票の写しを請求したいが,どのようにすればいいですか?

A 本人確認書類(例:運転免許証,保険証等)をお持ちください。同じ世帯以外の人に依頼される場合は,委任状が必要です。
 住民票は,京都市内にお住まいの方なら,市内の各区役所・支所・出張所及び証明書発行コーナーのどこででも発行できます。


Q 以前伏見区に住んでいたときの住民票の写しがほしいが,どうすればいいですか?

A 消除された住民票を請求してください。ただし,保存期間経過後は発行できません。


印鑑登録制度について

 

Q 印鑑登録したいが,どのようにすればいいですか?

A 登録する印鑑と本人確認書類をお持ちください。代理人が手続きに来られる場合は委任状が必要です。
 本人が顔写真つきの官公庁発行の証明(運転免許証等)を持ってきていただいた場合に限り,即日印鑑証明が発行できます。その他の場合は,本人の意思確認のため照会文書を送付しますので,印鑑証明を発行できるまでに2,3日お時間がかかります。
 なお,新たに登録していただく場合は,深草・醍醐支所管内の方はそれぞれの支所でしか登録できません。神川・淀出張所管内の方は区役所でも登録できます。


Q 印鑑証明を代理人に取ってきてもらうにはどうすればいいですか?

A 代理人に印鑑登録証(緑のカード)をお預けください。印鑑登録証が委任状の代わりとなります。で
 印鑑証明書は,京都市内の各区役所・支所・出張所及び証明書発行コーナーのどこででも発行できます。


Q 伏見区へ引っ越してきたが,前住所で作った印鑑登録証は使えますか?

A 京都市以外の市町村からの転入の場合は,新たに印鑑登録をしていただくことになります。
 京都市内からの転入については,前住所地で発行した印鑑登録証を継続して使用していただけます。


Q 印鑑登録証を紛失したが,どうしたらいいですか?

A 亡失の届出をしてください。印鑑登録証の再発行は行っていません。印鑑証明が必要な場合は,改めて印鑑登録をしていただく必要があります。

 

戸籍について

 

Q 戸籍謄本・戸籍抄本を請求したいが,どのようにすればいいですか?

A 戸籍謄本・戸籍抄本は,その戸籍に名前が記載されている人又はその配偶者及び直系親族の方が請求できます。本人確認書類(例:運転免許証,保険証等)をお持ちください。

 また,その戸籍に記載されている人が全員いなくなった除籍についても,150年間保存しており,除籍謄本・除籍抄本として発行しています。昭和4年以前の除籍は,保存期間が満了し,廃棄したため発行できません。
 上記の方以外からの請求は,上記の方からの委任状が必要です。
※京都市内を本籍とする戸籍関係証明については,京都市内の区役所・支所・出張所及び証明書発行コーナーのどこででも発行できます。
    戸籍の届出があった場合は,事務処理に時間を要しますので,届出から一週間程度は戸籍謄本・戸籍抄本を発行できません。


Q 戸籍の附票とはどのようなものですか?

A その戸籍に記載されている人の住所の履歴が記載されているもので戸籍と一緒に保管しています。
 ただし,保存期間経過後は発行できません。


Q 本籍地を変えたいが,どうすればいいですか?

A 転籍届を届出していただくことにより,本籍地を変えることができます。届出には戸籍謄本の添付が必要です。(ただし,同区内の場合は不要です。)また,配偶者がいらっしゃる場合,届出にはご夫婦の署名・押印が必要です。


Q 戸籍の届出は,どこへ出せばいいですか?

A 原則として本籍地又は住所地へ届け出ていただくことになります。
  ただし,例外として,出生届は出生地,死亡届は死亡地に届出していただくことができます。


Q 夜間又は休日に届出をしたいができますか?

A 区役所が閉庁しているときでも宿直室で時間外の受付をしております。ただし,記載内容の確認・審査は次の開庁日以降になりますので連絡先は必ず記入しておいてください。
 出張所では,夜間・休日の受付はしておりません。


Q 婚姻届には,添付資料として何が必要ですか?

A 本籍地が京都市の方以外は,戸籍謄本の添付が必要です。
  未成年の方は親の同意が必要です。
  外国籍の方は,事前にご相談ください。


Q 離婚後,婚姻時の氏を名乗りたいが,どうすればいいですか?

A 離婚届と同時に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出していだくことにより,引き続き婚姻時の氏を名乗ることができます。

 

所得証明について

 

Q 所得証明がほしいが,どうすればいいですか?

A 毎年,1月1日に本市に住所を有する方の,前年1年間の所得の証明を6月から発行しております。過去5年間までさかのぼってご請求いただけます。請求の際には,本人確認書類(例:運転免許証,保険証等)をお持ちください。請求を同じ世帯以外の人に依頼される場合は,委任状が必要です。
 所得証明は,京都市内の各区役所,支所,出張所及び証明書発行コーナーのどこででも発行することができます。

 

郵便での証明書の送付について

 

Q 郵便で戸籍謄本等を送付してほしいが,どのようにすればいいですか?

A 郵送による戸籍謄本・抄本の請求方法についてはこちらを,住民票の写しなどの請求方法についてはこちらをご覧ください。
  郵便による転出届についてはこちらを,マイナンバーカード又は住基カードでの転出届についてはこちらをご覧ください。

マイナンバーカードについて

 

Q マイナンバーカードとはどのようなものですか?

A マイナンバーカードはプラスチック製のICチップ付きカードで,券面に本人の顔写真,住所,氏名,生年月日,カードの裏面にはマイナンバーが表示されます。公的な本人確認書類として利用できるほか,電子証明書が標準搭載(15歳未満の方や希望されない方を除く。)されていますので,e-tax等の電子証明書を利用した電子申請等に御利用いただけます。

 

Q 公的個人認証とはどのようなものですか?

A 全国の市区町村,都道府県及び全国センター(指定情報処理機関)をネットワーク(専用回線)で結び,国や地方公共団体などの行政機関が住民票の一部を利用することができる新たな仕組みで,市民サービスの向上や行政事務の効率化を目的としています。
 インターネットを利用し行政手続を利用しようとする場合に,マイナンバーカードを利用し電子的に本人認証を行うものです。
 現在は,利用できる手続きが限られていますが,今後は増えていく予定です。


Q 住民基本台帳を閲覧したいのですが,どのようにすればいいですか?

A 京都市では,ダイレクトメールの送付等営利目的等の閲覧はできません。

■閲覧ができる場合
 ○国又は地方公共団体の機関が法令で定める事務の遂行のため必要である場合
 ○法人又は個人が次の活動を行うのに必要である場合

  • 統計調査,世論調査,学術研究その他の調査研究のうち,公益性が高いと認められるものの実施
  • 公共的団体が行う地域住民の福祉の向上に寄与する活動のうち,公益性が高いと認められるものの実施
  • 営利目的以外で行う居住関係の確認のうち次に定めるものの実施
    ア 訴訟の提起を行うため居住関係の確認が必要なもの
    イ その他市長が特別の事情があると認めるもの

■閲覧できる方
 ○国,地方公共団体又は公益性の高い事業を行う公共的団体
 ○世論調査等の公益性の高い事業を行う者
 ○本人又は世帯主の者
 に限ります。

■申込方法
 住民基本台帳は,各区役所,支所,出張所にあります。
 閲覧を希望される日の2箇月前から2週間前までに所定の申請書,委託を受けて調査等を行う場合は委託契約書の写し等,閲覧される法人(委託元を含む。以下同じ。)の登記事項証明書,閲覧目的の資料(送付文書等),法人のプライバシーポリシーを送付いただきます。
 その後,区役所,支所,出張所から,閲覧の承認について,通知します。御連絡した閲覧日に,閲覧される方が,ご本人を確認できる書類(免許証等)を持参して窓口へお越しください。

■閲覧方法
 申請のあった区域の閲覧台帳を職員がお渡しします。
 閲覧台帳から必要な部分をご自分で書き写していただきます。(そのための用紙は市民窓口課及び出張所でお渡しします。)
 閲覧に当たっては職員の指示に必ず従ってください。
 必要な分だけ閲覧し,枚数分の手数料(10人までを1件とし,1件350円)をいただく形式になっています。(コピーをとることはできません。)

■閲覧状況の公表
  住民基本台帳法11条第3項及び住民基本台帳法第11条の2第12項の規定により,住民基本台帳の一部の閲覧状況について公表しています。

お問い合わせ先

伏見区役所 区民部 市民窓口課
TEL:075-611-1410  FAX:075-611-1174
深草支所 区民部 市民窓口課
TEL: 075-642-3329  FAX: 075-642-3270
醍醐支所 市民窓口課
TEL: 075-571-6336  FAX: 075-571-0189