スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「Slow Culture #kogei(スロー カルチャー コウゲイ)」の開催について

ページ番号310842

2023年3月31日

広報資料

令和5年3月31日

公立大学法人京都市立芸術大学 総務広報課(075-334-2200)

取次:文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課(075-222-3119)

「Slow Culture #kogei(スロー カルチャー コウゲイ)」の開催について

 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)では、特別展「Slow Culture #kogei」を下記のとおり開催します。

 日本の工芸は、長い歴史の中で培われてきた素材の力を最大限に引き出す伝統的な技法と、洗練された手仕事の美しさで人々を魅了してきました。素朴で美しく機能的な日用品を生み出す工芸や、高度な技術で美の粋を極める美術工芸、実用性にとどまらない独自の表現メディアとしての工芸など、多様なあり方で展開しながら作り手の美意識やその時代の新しい思考を反映し続けています。作品の使用や鑑賞の段階においても、思いがけない手法で情景を演出する「見立て」の文化や、モノと人と場の相互作用から生まれる新たな創造性が見られ、これらは日本の工芸に独自性をもたらす重要な要因であると考えられています。

 本展では漆・陶磁・染織・ガラス・金工などの工芸や工芸的要素を取り入れる16名(組)の作家を取り上げ、現代の思考や感覚、新しい素材や技術、そして伝統を融合させた表現を紹介するとともに、自然環境や社会の問題に他ジャンルの専門家と連携して向き合う今日的な工芸観にも注目します。展示空間はデジタルの概念を引用して独自の彫刻観を探求する美術家の熊谷卓哉との協働により設計。会場に流れるサウンドを、美術と音楽をまたいで多才に活動する小松千倫が演出します。デジタルテクノロジーの加速度的な進化により、リアルとバーチャルが融け合う社会の状況を着想源とした「現代を表象する場」を設え、モノと場の調和や対比を生み出す実験的な空間に作品を展示します。


(参考作品)石塚 源太《感触の表裏 #12》2019 漆、発泡スチロール球、2wayトリコット 
乾漆技法/95.5×84×80.5 cm
撮影:来田猛、画像提供:アートコートギャラリー


つのだゆき《ネッタイシマカ》2021
ガラス/2.8×3.2×1.5 cm


佐々木萌水《三ツつむじ》2022/漆、陶磁器片、アルミ、錫、砥の粉、フェルト 羊毛乾漆技法14.5×11×7 cm/撮影=来田猛

                             記

1 日時

令和5年4月22日(土曜)~6月25日(日曜)
午前11時~午後7時(月曜休館)

2 場所

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)
〒604-0052 京都府京都市中京区押油小路町238-1
(地下鉄東西線「二条城前」駅2番出入口を南にすぐ)
※入場無料

3 主催

京都市立芸術大学

4 問合せ先

〇 会場等実施方法に関すること

京都市立芸術大学 連携推進課(附属施設担当)
〔電話〕075-334-2223
※午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)
〔FAX〕075-334-2281

〇 展覧会の出展作家や作品に関すること

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
〔電話〕075-253-1509
※午前11時~午後7時(月曜休館、祝日の場合は翌平日を休館)
〔FAX〕075-253-1510

(参考)

出展作家

石塚源太(いしづかげんた)[漆/82生]、隗楠(かいなん)[漆/94生]、𡧃野湧(うのゆう)[陶磁/96生]、織田隼生(おだとしき)[金工/91生]、菊池虎十(きくちたけと)[染織/98生]、木田陽子(きだようこ)[陶磁/96生]、國政サトシ(くにまささとし)[染織/86生]、西條茜(さいじょうあかね)[陶磁/89生]、佐々木萌水(ささきもえみ)[漆/91生]、佐々木怜央(ささきれお)[硝子/90生]、鈴木祥太(すずきしょうた)[金工/87生]、つのだゆき[硝子/91生]、土岐謙次(どきけんじ)[漆/69生]、西久松友花(にしひさまつともか)[陶磁/92生]、彦十蒔絵(ひこじゅうまきえ)[漆]、デヴィッド・ビランダー[金工/68生]

展示空間協働設計
熊谷卓哉(くまがいたくや)[美術家/87生]、小松千倫(こまつかずみち)[音楽家・美術家・DJ/92生]

出品予定作品(一部)
1)デヴィッド・ビランダー《Digital Watch −Silver−》銀(KOGEI Next 都市鉱山資源)・燻し仕上げ 、白金、AR アプリケーション
2)佐々木萌水《香炉文透扁壺》2021/漆、陶磁器片、錫、砥の粉、フェルト/ガラス瓶 羊毛乾漆技法/11×7×14.5 cm/撮影=来田猛
3)西條茜《甘い共鳴》2021/陶、ロープ/W110×D140×H90cm/撮影=山本真人
4)石塚源太《Stellar Dance》2018/漆、ワッシャー、カッターの刃、縫い針、釣り針、ホチキス、合板、その他/120×120×3.5 cm/撮影=来田猛、画像提供=アートコートギャラリー
5)織田隼生《不銹鋼伍数性花》2021/ステンレススチール/W44×D44×H33.5 cm
6)隗楠《茜華》2021/漆、床革、麻布、和紙/31W×20D×43H cm
7)西久松友花《無相の華》2023/磁土、釉薬、金、プラチナ、組紐、瑪瑙、真鍮、スワロフスキー、ステンレス・轆轤成形/150×40×40cm/撮影=来田猛
8)鈴木祥太《白花蒲公英-都市の養分-》銀、金(金銀ともにKOGEI Next 都市鉱山資源)、銅、洋白、緑青/32.5x22.5x22cm
9)佐々木怜央《雪の精霊と花の唄》2020/ガラス、金箔・キルンキャスト/サイズ可変/撮影=長谷川正之、画像提供=弘前れんが倉庫美術館


「Slow Culture #kogei(スロー カルチャー コウゲイ)」の開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

電話:075-222-3119、075-222-3128 (京都芸大担当)、075-222-4200(政策連携担当)

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション