スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

(京都市動物園)京都市動物園開園120周年について

ページ番号309718

2023年3月16日

広報資料

令和5年3月16日

京都市文化市民局(動物園 電話:771-0210)

京都市動物園開園120周年について

 京都市動物園は明治36年(1903年)の開園以来、日本で二番目に歴史のある動物園として、市民の皆さまに支えられ、市民の皆さまと共に歩んできました。
 本年4月1日に、開園から120年という節目を迎えることを記念したセレモニーを実施するとともに、今後、市民の皆さまへの感謝を込めて無料開園やシンポジウムをはじめ、各種記念事業を実施します。
 また、令和5年度の1年間を通じて、記念の年をPRするためのロゴマークとキャッチコピーを作成しましたので、お知らせします。

1 開園120周年オープニングセレモニーの実施について

 120周年を迎える4月1日の開園に合わせてテープカットを行うとともに、当日先着1,000名の来園者に記念ポストカードを配布します。

 ⑴ 日時
   令和5年4月1日(土曜日)午前9時~

 ⑵ 場所
   動物園正面エントランス

 ⑶ 出席者(予定)
   京都市文化芸術政策監、動物園長

2 記念ロゴ及びキャッチコピーについて

 本年2月に来園者の皆さまの投票により記念ロゴ及びキャッチコピーを選定しました。(投票期間:令和5年2月7日~19日、投票総数:278票)
 今後、各イベントチラシや園内マップ等において記念の年の周知PRに活用し、記念事業を盛り上げてまいります。

 ⑴ 記念ロゴ
   
作者:池田泰子氏(嵯峨美術大学芸術学部教授)


       作者によるオリジナル


         モノクロタイプ

⑵ キャッチコピー
 「動物とヒトと地球 幸せつながる未来を目指して」
 当園が掲げる「生物多様性の保全」や「環境教育」、「動物福祉」といった役割を将来にわたって担い、来園者や市民の皆さまと共にSDGsに貢献する動物園であり続けたいという思いを込めたキャッチフレーズとしました。

3 記念事業の実施について

 令和5年度の1年間を通じて、無料開園や記念シンポジウムをはじめとする各種記念事業を実施します。詳細につきましては、決まり次第、ホームページ等でお知らせします。

4 お問合せ先

 京都市動物園 総務課(電話:075‐771‐0210)
 午前9時から午後5時まで。ただし、動物園休園日を除く。

京都市動物園開園120周年について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

文化市民局 動物園
電 話: 075-771-0210
FAX: 075-752-1974

フッターナビゲーション