スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和4年度京都市考古資料館後期特別展示「THE 金箔瓦」の開催について

ページ番号307236

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2023年1月11日

令和4年度京都市考古資料館後期特別展示「THE 金箔瓦」の開催について

 この度、京都市考古資料館では、特別展示「THE 金箔瓦」を下記のとおり開催いたしますので、お知らせします。

 今回の展示では、安土・桃山時代を象徴する遺物の一つである金箔瓦をメインテーマとし、その誕生と展開、終焉までの歴史を追います。建物をきらびやかに飾り立てた金箔瓦は織田信長の安土城に端を発し、織田一門以外の使用が認められませんでしたが、豊臣期には秀吉居城は元より、有力家臣の大名屋敷にも使用されるようになります。安土城・大坂城・聚楽第・伏見城・京都新城・二条城の最新の調査成果とともに、金箔瓦の製作技法復元や科学分析の成果など、金箔瓦の最新の知見について展示します。

1 日時

令和5年2月11日(土曜日・祝日)~6月18日(日曜日) 

開館時間 : 午前9時~午後5時  ※入館は午後4時30分まで

休 館 日  : 月曜日

2 場所

京都市考古資料館 1階特別展示コーナー

 (〒602-8435 京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町265番地の1)

  ※ 市バス「今出川大宮」下車 すぐ

  ※ 地下鉄烏丸線「今出川駅」下車 徒歩15分

3 内容

京都市内で発掘された金箔瓦を中心に、全国各地の城跡で出土した金箔瓦の実物及び写真パネルを展示する。また、出土遺跡や金箔瓦の変遷を解説するパネルを設置する。

【遺物】

・金箔瓦(安土城跡、大坂城跡、聚楽第跡、伏見城跡、京都新城跡、二条城跡、公家町遺跡出土品)

・金箔瓦復元品 など

【壁面パネル】

・金箔瓦出土遺跡の発掘調査写真

・金箔瓦解説パネル など

4 入館料

無料

5 主催

京都市考古資料館

公益財団法人 京都市埋蔵文化財研究所

6 後援

歴史街道推進協議会

7 問合せ先

京都市考古資料館

 電話:075-432-3245

 FAX:075-431-3307

広報資料 令和4年度考古資料館 後期特別展示

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

電話:075-222-3130

ファックス:075-213-3366

フッターナビゲーション