スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市パートナーシップ宣誓制度宣誓者が「100」組に到達しました!

ページ番号301431

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年7月14日

京都市パートナーシップ宣誓制度宣誓者が「100」組に到達しました!

 京都市は、令和2年9月に、『京都市パートナーシップ宣誓制度』を開始し、LGBT等の方々の支援に努めてきました。

 この度、令和4年7月4日をもって、本制度に基づく宣誓者が「100」組となりましたのでお知らせします。

 これからも、誰もが、多様な性の在り方が尊重され、安心して暮らし、働き、学べる環境づくりに、より一層取り組んでまいります。

「100」組目の宣誓者からのメッセージ

「100」組目の宣誓者

 無事に宣誓できたこと大変嬉しく思っております。
 またちょうど100組目というタイミングにとても驚きました。私達はパートナーシップ宣誓をすることに意味があるのか最初は大変迷いました。結婚を認められたわけでもなく、堂々と公にすることもできない。それでも宣誓しようと思ったのは長年連れ添ったパートナーのことを、市だけでも「家族」と認めてほしかったことが大きかったと思います。

 また、こういう制度を導入しようとここまで活動してきてくださった方々の力があったことにも感謝し、パートナーシップ制度を利用する人達が増えれば、またそれが次のステップに繋がるかもしれないことを期待して宣誓させていただきました。

 とても事務的な手続きだと思っておりましたので私達二人だけでも少しでもお祝いムードと入籍のようなつもりで気持ちだけは華やかな気分でこの日を迎えようと思っておりました。しかし実際お伺いして「おめでとうございます」と言ってくださったことに大変感動いたしましたし、レインボーフラッグが掲げられていたことにも気持ちが昂りました。
 そして100組目というとても光栄なタイミングをいただけて、ますます特別で忘れられない素晴らしい一日になりました。

 どうかこれからも私達のような宣誓を受けられる人達だけに限らず、一個人が、存在を認められる、どのような人でも受け入れてもらえる、生きやすい社会になってくれることを願っております。

「京都市LGBT応援サイト」のご案内

LGBT等に関するリーフレットやコミュニティスペース等の情報は、こちらをご覧ください。

京都市:京都市LGBT応援サイト (kyoto.lg.jp)

「京都市パートナーシップ宣誓制度」とは

 この制度は、双方又はいずれか一方が性的少数者である二人が、お互いを人生のパートナーとして、日常の生活において相互に協力し合うことを、市長に宣誓し、市長が受領証等を交付するものです。

 京都市は、お二人の思いを尊重するとともに、お二人が互いを人生のパートナーとして認め合い、自分らしく、いきいきと生活されることを応援しています。

 京都市:京都市パートナーシップ宣誓制度について (kyoto.lg.jp)

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局共生社会推進室人権文化推進担当

電話:075-222-3096

ファックス:075-366-0139

フッターナビゲーション