スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】福知山市,向日市との「パートナーシップ宣誓制度等に係る都市間連携に関する協定」の締結について

ページ番号300216

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年6月27日

福知山市,向日市との「パートナーシップ宣誓制度等に係る都市間連携に関する協定」の締結について

 京都市は,令和2年9月に,『京都市パートナーシップ宣誓制度』を開始し,LGBT等の性的少数者の支援に努めてきました。

 この度,福知山市及び向日市と,『パートナーシップ宣誓制度等に係る都市間連携に関する協定』を締結します。これにより,昨年度同協定を締結した亀岡市及び長岡京市に新たに2市が加わった5市間において,パートナーシップ宣誓制度等の利用者が転居をしても,簡易な手続により,転出先の市から宣誓書受領証等の交付を受けることができるようになり,宣誓の効果を継続できます。

 また,この協定に基づき,5市間での連携・協力を進め,性的少数者の方々が安心して暮らし,働き,学べる環境づくりに,より一層取り組んでまいります。

◆「京都市パートナーシップ宣誓制度」とは

 この制度は,双方又はいずれか一方が性的少数者である二人が,お互いを人生のパートナーとして,日常の生活において相互に協力し合うことを,市長に宣誓し,市長が受領証等を交付するものです。
 京都市は,お二人の思いを尊重するとともに,お二人が互いを人生のパートナーとして認め合い,自分らしく,いきいきと生活されることを応援しています。

協定名

パートナーシップ宣誓制度に係る都市間連携に関する協定

協定の締結日

令和4年6月27日(月曜日)

協定内容について

(1)都市間連携の開始日
  令和4年7月1日(金曜日)

(2)協定による連携事項

<パートナーシップ宣誓制度の相互連携>

  • 転出元自治体への「パートナーシップ宣誓書受領証」及び「パートナーシップ宣誓書受領証カード」の返還手続が不要になります。
  • 転出先自治体への手続は,提出書類が一部省略でき,また,来庁せずに郵送で行うことができます。改めて宣誓をする必要はありません。
連携スキーム

<パートナーシップ宣誓制度の枠を超えた連携>

以下のとおり,5市間で連携し,パートナーシップ宣誓制度の利便性の向上とあわせて,性の多様性の理解を広め,当事者の生きづらさの解消に取り組みます。

  •  LGBT関連施策,事業の情報共有
  •  当事者の居場所づくりの取組や講座案内などをホームページ上で紹介し,各都市の取組を相互にPR
  •  当事者の居場所づくりの取組の連携 等

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局共生社会推進室人権文化推進担当

電話:075-222-3096

ファックス:075-366-0139

フッターナビゲーション