スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】(京都市動物園)動物園DEサイエンストークの開催について

ページ番号298638

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年6月7日

広報資料

令和4年6月7日

京都市文化市民局(動物園 電話:771-0210)

動物園DEサイエンストークの開催について

「勉強部屋をカメラで見てみたら:AI技術でわかること」

 京都市動物園では,「生き物・学び・研究センター パワーアップ事業」として,下記のとおり「動物園 DE サイエンストーク」を開催しますので,お知らせします。皆様の御応募をお待ちしています。

※ イベントについては,新型コロナウイルス感染拡大防止対策を十分に講じたうえで実施 いたします。なお,今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては,日程等を変更する場合がございます。その際は,京都市動物園ホームページ等で速やかにお知らせします。

 

                                    記

1 開催日時

  令和4年7月3日(日曜日)午後1時30分~午後2時30分

2 場所

  京都市動物園 レクチャールーム

3 講演内容

⑴   テーマ:「勉強部屋をカメラで見てみたら:AI技術でわかること」

⑵    講演者:  吉田 信明(京都高度技術研究所・主任研究員)
      田中 正之(京都市動物園 生き物・学び研究センター長)

⑶   講演者コメント
   今回のサイエンストークは,国際チンパンジーの日(7月14日)にちなんで,チンパンジーたちのことをお話しします。
   京都市動物園のチンパンジーたちは,タッチモニターに出された数字の順番を学習する課題に挑戦中です。
   彼らが問題に取り組む様子はモニター上に取り付けた監視カメラですべて撮影しています。
   このような膨大な記録映像をAI技術で分析すると,彼らの学習への取り組み方がもっとわかりそうです。

4 参加費

  無料(入園料は別途必要)

5 定員

  30名(申込先着順)

6 申込方法

⑴    申込方法

   〇次のいずれかの方法でお申し込みください。

    ・京都市動物園ホームページのイベントページの参加申込フォーム

    ・FAX(075-752-1974)

⑵    必要事項

   〇FAXの場合は,次の必要事項を記載してください。

    ・件名「動物園 DE サイエンストーク参加希望」

    ・参加者氏名(複数名の場合は全員の氏名)

    ・電話番号

⑶    募集期間

    令和4年6月7日(火曜日)~令和4年7月1日(金曜日)

7 備考

  来園される際は,身体的距離の確保,マスクの着用,手洗い等の新型コロナウイルス感染拡大防止対策をお願いします。

  併せて,京都市新型コロナあんしん追跡サービスへの登録に御協力ください。

8 お問合せ

  京都市動物園 生き物・学び・研究センター(電話:075-771-0210)

  ※ 午前9時から午後5時まで。ただし,動物園休園日を除く。


点線で囲った部分が監視カメラ


AIで個体が特定される。

広報資料(動物園DEサイエンストーク)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

文化市民局 動物園
電話: 075-771-0210 ファックス: 075-752-1974

フッターナビゲーション