スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「令和5年度京都市芸術文化特別奨励者」の募集について

ページ番号298034

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年5月17日

↓以下の日程で申請者向け説明会を開催(※希望者のみ)

・ 令和4年7月21日(木曜日)     〃

こちらのページより,各回開催日前日までにお申込みください。

広報資料

令和4年4月17日

文化市民局(文化芸術都市推進室文化芸術企画課)

「令和5年度京都市芸術文化特別奨励者」の募集について

 京都市では,芸術文化の担い手を育成することにより,新たな芸術文化の創造を促進し,京都の芸術文化の振興を図ることを目的として,これから大きく羽ばたこうとする若い芸術家の方々を奨励する「京都市芸術文化特別奨励制度」を平成12年度から実施しています。

 この度,令和5年度中の活動を支援する奨励者(令和4年度中に審査,決定)を募集しますので,お知らせします。

1 奨励の内容

将来に向けて,積極的な芸術文化活動を行うための奨励金(※)を交付

※ 1個人又は1グループにつき,300万円

2 応募資格

芸術文化に関わる活動を行い,次の全ての条件に該当する個人又はグループ

(1)住所地,活動拠点又は予定する発表場所のいずれかが京都市内であること

(2)京都の芸術文化の振興や発信に貢献する可能性のある活動(創作,発表,企画,研究等)を行っていること

<備考>

・年齢制限はありませんが,主に20代~30代半ばの若い年齢層からの応募を期待し,「今ある力」よりも「今後の飛躍の可能性」に注目します。従って,京都市芸術新人賞の受賞者など,既に一定の評価を受けている方は,対象となりません。

・芸術のジャンルは問わず,複数のジャンルにまたがるものや,既成のジャンルの枠を超えた新しい芸術なども対象とします。

3 申請方法

(1)申請書

「令和5年度奨励申請書」(別紙1)を京都市情報館からダウンロードのうえ,必要事項を記入し提出

(2)自己アピール資料

「募集案内」(別紙2)を確認のうえ,必要に応じて動画,音源,書類等を提出

4 募集期間

郵送:令和4年5月18日(水曜日)~8月31日(水曜日)まで〔当日消印有効〕

メール:令和4年5月18日(水曜日)10時00分~8月31日(水曜日)午後11時59分受信まで

5 提出先

郵送又はメールにて,下記宛先へ提出

郵送

〒604-8571

京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地

京都市 文化芸術企画課 芸術文化特別奨励制度担当 宛

メール

[email protected]

※メールの場合は,件名を「【申請】京都市芸術文化特別奨励制度」としてください。

6 申請者説明会(希望者のみ)

本制度の内容や申請方法に係る説明会を,オンライン(ZOOM)にて開催します。

日程(ア・イのいずれかに御参加ください。)

ア 令和4年6月30日(木曜日)午後7時から午後8時まで

イ 令和4年7月21日(木曜日)     〃

こちらのページより,各回開催日前日までにお申込みください。

参加に必要な情報をメールで送信します。

7 その他

奨励者の決定は令和5年2月頃,奨励金の交付は令和5年4月頃を予定。

<問合せ先>※問合せは,原則メールにてお願い致します。

[E-mail] [email protected]

[TEL]075-222-3119

[FAX]075-213-3181

【参考】

1 過去5年間の奨励者 ※敬称略

過去5年間の奨励者

奨励(募集)年度

奨励者

活動分野

令和4年度

ゴーダ企画

舞踊,パフォーミングアート

令和2年度

西條 茜

陶芸,現代美術

tuQmo(つくも)

コンテンポラリー・サーカス

令和元年度

空間現代

現代音楽

村松 稔之

声楽,カウンターテナー

平成30年度

久保 ガエタン

現代美術

hyslom(ヒスロム)

現代美術,パフォーマンスアート

平成29年度

木ノ下 裕一

演劇,古典芸能の研究

高尾 長良

小説

※敬称略。                  

※令和3年度奨励者は新型コロナウイルス感染症の影響により募集を中止。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

電話:075-222-3119、075-222-3128 (京都芸大担当)

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション