スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「第3回京都文学賞」受賞作の発表について

ページ番号296472

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年3月30日

【広報発表】「第3回京都文学賞」受賞作の発表について

令和4年3月30日

京都市文化市民局(文化芸術都市推進室 文化芸術企画課 TEL075-222-3119)

 京都市では,文学の更なる振興や「文化都市・京都」の発信等に寄与するため,平成31年4月に京都文学賞実行委員会を設立,「京都文学賞」を創設しました。

 第3回は,令和3年4月30日から9月13日まで作品の募集を行い,270作品(一般部門218作品,中高生部門42作品,海外部門10作品)の御応募をいただきました。

 書評家等による一次選考,読者選考委員による二次選考を経て,本年2月中旬に,最終選考会を開催し,二次選考通過作品11作品(一般部門6作品,中高生部門3作品,海外部門2作品)の選考を行い,受賞作等が選定されました。

 令和4年3月29日開催の実行委員会において,受賞作等を決定しましたので,以下のとおりお知らせします。

 また,第4回の作品募集等につきましては,令和4年6月(予定)に発表予定です。


1 一般部門

⑴ 最優秀賞(賞金 100万円,出版化)

  受賞作 『備忘六』        作者 佐藤 薫乃(さとう ゆきの)

⑵ 優秀賞(賞金 50万円)

  受賞作 『十七回目の出来事』  作者 折小野 和広(おりこの かずひろ)

  ≪一般部門受賞作2作品の出版に向け,協力出版社と調整中!!

2 中高生部門

⑴ 最優秀賞(図書カード 10万円分)

  受賞作 『闇に浮かぶ浄土』   作者 高野 知宙(たかの ちひろ)

⑵ 優秀賞(図書カード 5万円分)

  受賞作 『彼のシナリオ』    作者 小峰 大和(こみね やまと)


  ≪中高生部門最優秀賞『闇に浮かぶ浄土』は協力出版社の祥伝社から刊行予定!!≫

3 海外部門

⑴ 最優秀賞(図書カード 10万円分)

  受賞作 該当作なし

⑵ 奨励作(図書カード 1万円分)

 受賞には至らなかったが,外国籍の方が日本語での小説の執筆という困難なことに

挑戦した御努力に敬意を表し,最終選考作品2作を奨励作とした。

ア 『忘れられた記憶』        作者 イザベラ・ディオニシオ

イ 『母は桃が好きだった』    作者 ダヨン

(参考)最終選考委員について

・ いしい しんじ      (作家)

・ 井上 荒野         (作家)

・ 校條(めんじょう) 剛(つよし)         (文芸評論家)

・ 大垣 守弘         ((一社)京都出版文化協会代表理事)

・ 内田 孝             (京都新聞総合研究所特別編集委員)

・ 山中 博昭         (京都市文化芸術政策監)

※ 上記に読者選考委員の代表4名を加えた,計10名で最終選考会を実施。


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

電話:075-222-3119、075-222-3128 (京都芸大担当)

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション