スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】(京都市動物園)動物園DEサイエンストークの開催について

ページ番号296410

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年3月29日

広報資料

令和4年3月29日

京都市文化市民局(動物園 電話:771-0210)

動物園DEサイエンストークの開催について

「日本の森,シカが壊して,タヌキが救う!?」

 京都市動物園では,「生き物・学び・研究センター パワーアップ事業」として,下記のとおり「動物園 DE サイエンストーク」を開催しますので,お知らせします。皆様の御応募をお待ちしています。

※ イベントについては,新型コロナウイルス感染拡大防止対策を十分に講じたうえで実施いたします。なお,今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては,日程等を変更する場合がございます。その際は,京都市動物園ホームページ等で速やかにお知らせします。

               記

1 開催日時

  令和4年4月24日(日曜日)午後1時30分~午後2時30分

2 場所

  京都市動物園 レクチャールーム

3 講演内容
⑴   テーマ:「日本の森,シカが壊して,タヌキが救う!?」

⑵   講演者:長野 秀美 氏(京都大学大学院農学研究科 博士後期課程)

⑶   講演者コメント
 動物がたくさんいる森は,豊かだと思われる方は多いかもしれません。しかし,一部の動物だけが多い森は良い森とは言えません。現在,日本の多くの森では,シカばかりが増えたことで草や実生が食べられてしまい,林床は地面がむき出しになってしまっています。ところが,そんな森でもタヌキの溜め糞場では,植物がもりもり育っていることがわかりました。どうやら,シカはタヌキの糞が苦手なようです。講演では,タヌキとシカの意外な関係と,そのことが森に与える影響をお話しします。

4 参加費

  無料(入園料は別途必要)

5 定員  

  30名(申込先着順)

6 申込方法
 
⑴ 申込方法

   次のいずれかの方法でお申し込みください。

  ・ 京都市動物園ホームページの参加申込フォーム

  ・ FAX(075-752-1974)

 ⑵ 必要事項

   FAXの場合は,次の必要事項を記載してください。

  ・ 件名「動物園 DE サイエンストーク参加希望」

  ・ 参加者氏名(複数名の場合は全員の氏名)

  ・ 電話番号

 ⑶ 募集期間

   令和4年3月29日(火曜日)~令和4年4月22日(金曜日)

7 備考

  来園される際は,身体的距離の確保,マスクの着用,手洗い等の新型コロナウイルス感染拡大防止対策をお願いします。
  併せて,京都市新型コロナあんしん追跡サービスへの登録に御協力ください。

8 お問合せ

  京都市動物園 生き物・学び・研究センター(電話:075-771-0210)

  ※ 午前9時から午後5時まで。ただし,動物園休園日を除く。



動物園DEサイエンストーク

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

文化市民局 動物園
電話: 075-771-0210 ファックス: 075-752-1974

フッターナビゲーション