スマートフォン表示用の情報をスキップ

【広報資料】ヤブイヌの死亡について

ページ番号293340

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年1月4日

お知らせ

令和4年1月2日

文化市民局動物園総務課(TEL:771-0210)

ヤブイヌの死亡について

京都市動物園で飼育していたヤブイヌ「ダイモン」が,令和3年12月初旬頃から食欲が低下し投薬治療を継続していましたが,令和4年1月1日(土曜日)に死亡しましたのでお知らせします。これで当園のヤブイヌは「デンマル」1頭になります。

               記

1 死亡した個体について
⑴    愛称:ダイモン
⑵    性別:オス
⑶    年齢:10歳11箇月
⑷    死亡日時:令和4年1月1日(土曜日) 午後5時20分
⑸    死因:呼吸器不全及び循環器不全
⑹    出生年月日:平成23年1月9日
⑺    出生場所:京都市動物園

2 経過
生まれつきてんかん発作がある個体でした。
 12月19日(日曜日)食欲がなくなり,餌を食べなくなる。また,著しく元気もなくなる。
 12月25日(土曜日)頻繁にてんかん発作が見られる。
 12月30日(木曜日)歩行にふらつきが見られる。
 12月31日(金曜日)立ち上がることができなくなる。
  1月 1日(土曜日)早朝,意識はあるものの呼吸が浅い。夕方,死亡を確認。

(参考)ヤブイヌ(食肉目 イヌ科,英名 Bush Dog 学名 Speothos venaticus)
野生では,森林や林縁の沼地に生息しています。体長60~75cm体重5~7kg程度で,ずんぐりとした体型をしています。胴長,短足の体型は藪のなかをくぐり抜けるのに最適です。泳いだり潜ったりすることも得意で,指の間には水かきが付いています。「イヌ」という名前が付いていますが,外見はあまりイヌらしくありません。

ヤブイヌの死亡について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室動物園

電話:075-771-0210

ファックス:075-752-1974

フッターナビゲーション